「因果応報」の本当の意味とは?仏教に学ぶ 悩み解決の3ステップ-ブッダの心理学③

仏教を説かれたお釈迦様は、さとりを開かれた後「人生は苦なり」と言われました。

お釈迦様が言われた通り、思い通りにならないことばかりで、悩み・問題がつきないのが人生ですね。

その苦しみばかりの人生、どうすれば幸せに生きていけるのでしょうか。

幸せに生きるための3ステップを紹介しています。

その3ステップは以下のものです。

  1. 「人生はドゥッカ」を認める
  2. 仏教のベース「因果応報」
  3. 六度万行(六波羅蜜)の実践

前回は1ステップ目の「『人生はドゥッカ』を認める」について書きました。

前回の記事はこちら

今回は2ステップ目、「仏教のベース『因果応報』」をご紹介します。

誤解されている?『因果応報』の本当の意味

悩み・問題を解決するには、まず悩み・問題は「ある」ことを認め、それを受け入れることが1ステップ目でした。

受け入れることで、ではその悩み・問題の原因とは何か、が考えられるようになります。
問題を誤魔化していては、原因を考えよういう気持ちにはなりませんね。

悩み・問題には原因があり、その原因を改善すれば問題は解決する。
その元となっているのが「因果応報」です。

「因果応報」は元々、仏教の言葉です。日常でも使われているので、ほとんどの方が聞いたことあると思います。

どんなときに使われているでしょうか?

たとえば、

スピードの出し過ぎで警察に捕まってしまったときに、「それはあなたの因果応報ですよ」と言われたり、

消費期限のとっくに過ぎたものを食べたら、急な腹痛にみまわれたとき、「そんな消費期限の切れたものを食べるなんて。気の毒だけど因果応報だね」と言われたりするなどして使われています。

いずれも、悪い結果が返ってきたときに使われているのが共通しています。

しかし本来の意味からすれば、悪い結果のみを指して因果応報というのは実は誤りなのです。

因果応報は、原因に応じた結果が報いる、という、
善い因には善い結果、悪い因には悪い結果が返ってくる、ということですね。

だから悪い結果だけでなく、善い因に応じて善い結果が返ってきたときも「因果応報」なのです。

悪果を生み出す元とは?他人を恨むのは筋違い

ここで「因」というのは原因のことですが、仏教では特に私たちの「業(行い)」のことを指します。

「果」というのは「禍福」のことで、わかりやすくいうと私たちに「運命」のことです。

私たちの身に起こる運命は、私たちの行いによる

よって、善い結果は、善い行いによって生み出され、悪い結果は悪い行いによって引き起こる

というのが因果応報なのです。

悪い結果が返ってくると、私たちは自分の行いによるものとはなかなか思えません。

上述の例でいえば、スピード違反で捕まったのは自分がスピードを出し過ぎていたからなのですが、その過ちを認めようとせず、「こんなところで見張っているなんて、ひどい」と警察を恨む気持ちが出てきます。

その他にも、仕事でのトラブルや人間関係のもつれの原因は私ではなく、誰か別の人のせい、悪良いのはアイツだ、という気持ちになりがちです。

しかし因果応報からいえば、それらの悪果の根本の原因は私自身の行いによるのであり、他人を恨むのは筋違いといえるのです。

他人は因ではなく、あくまで「」と教えられます。
「縁」は間接的な原因であり、直接の原因ではありません(もちろん、悪い縁は更生さなければなりません)。

まず因に目を向ける、自分を変えることが大切ですね
因に目を向けないまま他人を恨んでも、物事が良い方向に進むとはいえないでしょう。

ただ、因果応報とはいえ、すべてが自分の責任だと過剰に抱え込む必要はありません
あくまで悪果を招いたのは、自分の行動の一部分です

その一部分を改め、善い行いに努めれば、トラブル・問題は解決に向かいますし、自己成長にもつながるでしょう。

このように仏教の基礎といわれる「因果応報」を受け入れ、まず自分自身の行いに目を向ける。
これが悩み・問題の解決の2ステップ目でした。

次回は最終ステップである「六度万行(六波羅蜜)の実践」について書いてきます。

続きの記事はこちら

関連記事はこちら

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

PAGE TOP ↑