1/19(金)ワークショップレポート「ブッダと社会心理学から学ぶ“目標達成の効果的なアプローチ法”」①

勉強会主催の みなみ です。

今回の勉強会には初めての方5名を含む、7名の方にご参加いただきました☆

初対面の方が多かったのですが、みなさんとても気さくで、すぐに打ち解けられたと思います。

勉強会中にあるディスカッションも盛り上がり、積極的に意見を交わしていただきました。

私自身、初めてお話しする内容だったのですが、非常にリラックスしてお話しすることができました(^^)

世界的ベストセラー「やってのける」とは?

今回のワークショップでは、「ブッダと社会心理学から学ぶ“目標達成の効果的なアプローチ法”」というテーマでお話ししました。

メインとなるのが、この本の内容です。

やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける 意志力を使わずに自分を動かす」

この本は「ハーバード ビジネスレビュー」「フォーブス」などで話題の著者による、世界的ベストセラーです。

著者は、ハイディ・グラント・ハルバーソン
コロンビア大学心理学博士で、モチベーションと目標達成の分野の第一人者といわれています(女性の方です)。

メンタリストとして有名なDaiGoさんも、

“自分をコントロールする力”が桁外れにあがる本だ

と絶賛しているそうです。

この本には、目標を達成するための、たくさんのシンプルな方法が書かれていて、「どうすればモチベーションを上げることができるのか?」という問題への解答を示してくれています。

目標を達成できず、自己嫌悪に陥っていませんか?

目標を立てたのに続かなかった、挫折してしまった、という経験はどなたにでもあるでしょう。

  • 半年間で10㌔やせる!
  • TOEICで900点を取る!
  • 1ヶ月に本を10冊読む!

などの目標を立て、数日間はがんばるのですが、その後がなかなか続かない。

「今日はダメだった。明日から仕切り直してがんばろう」と決意を新にするも、一度続かなくなると、また続かなくなる時も早くなってしまいます。
そして、やがてはどうでもよくなって、投げ出してしまう…。

目標は立てては挫折し、新たな目標を立ててはあきらめ…、この繰り返しで、「なんてダメな自分なんだ」と自己嫌悪で苦しんでいる方もいるかもしれません。

そんな自己嫌悪に陥らずに、打ち立てた目標を見事にクリアし、充実感にあふれるにはどうすればいいのか?

その目標へのアプローチ法を「やってのける」を通してご紹介していきます。

「やってのける」の目標へのアプローチをを取り入れることで、あきらめずに目標達成へ大きく前進できるのです

目標達成のために考慮したい「マインドセット」

目標を達成するために考慮したい3つの要素があります。

それが

  1. マインドセット
  2. 行動計画
  3. 環境

の3つですね。

まずお話ししたいのが「マインドセット」です。

マインドセットとは、目標に対してどのような考え方を持っているのか、というものです。

具体的には、次の2つのマインドセットがあります。

1つは「証明型」のマインドセット、
2つは「習得型」のマインドセットです。

「証明型」のマインドセットは、「能力を示すためによい成果を挙げること」を重視する、というものです。

たとえば、

試験でAを取る、
売上目標を達成する、
意中の相手と交際する、
法科大学院に合格する

などの目標です。

これらの目標を達成することで、「自分は有能な人間なんだ、できるやつなんだ」と思われたいという考えであり、成果を挙げることに注力する考えですね。

証明型の人は、

自己承認(周りの評価) 自尊心(自分の価値)

という考えがあります。

周りに評価してもらう、あの人はできる人だと思ってもらえてこそ、自分は価値のある人間だと思える、自尊心が保たれる人です。

反対に「目標を達成できなければ、意味がない。自分はダメな人間だ」とも考える傾向があります。

証明型のマインドセットは「両刃の剣」

先で見たように、周りの評価=自己評価と思い、他人の能力を示すことを第一に考えているのが照明型の人です。

この証明型のマインドセットは目標を達成する上で「両刃の剣」といわれます。

なぜ両刃の剣なのか?
「やってのける」にはこう説明されています。

いいときはやる気を高めてくれる自尊心が、状況が好ましくないものになると逆に作用するのです。

(中略)

高いパフォーマンスを発揮しやすいと同時に、簡単に落ち込んでしまうことでパフォーマンスが低調になりやすいという傾向があります

好調に物事が進み、周りから高い評価を受けているときは、自尊心も高まり、高いパフォーマンスを発揮することができます。

しかし調子が悪くなり、他人から思うような評価を得られなくなると、自尊心も低くなり、落ち込みやすくなります。

するとパフォーマンスも低調になり、ますます調子が悪くなり、他人からの評価も下がり、自尊心もさらに低くなって、やがては「自分みたいなヤツはダメな人間」と、努力をすることさえやめてしまいかねません。

そもそも他人の評価はとても変わりやすいものです。
ちょっとしたことがきっかけで180度評価が変わる、ということさえあります。

その変わりやすい他人の評価に自己評価を置いてしまえば、パフォーマンスは不安定になってしまいます。
長期的な努力が必要になる目標を達成することは難しいですね。

では、習得型のマインドセットとはどんな考え方なのでしょうか。
このマインドセットこそ、ぜひ知っていただきたいです。

習得型のマインドセットの特徴については次回、ご紹介していきます。

ワークショップに参加された方の感想

ちょうど、今年一年の目標設定をしていたところだったので、効果的なアプローチ方法を聞けて良かったです。
これまで具体的な計画を立てて実行するのに苦心していたので、聞いた内容を参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

PAGE TOP ↑