<h2>心理学&仏教ワークショップのご紹介</h2>
<ul>
<li>毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」</li>
<li>今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい</li>
<li>職場以外の友達がほしい</li>
</ul>
そんな気持ちにお応えできるよう、この勉強会では、<strong>いろいろな職種の方に参加してもらって交流を深めるとともに、日常に生かせる心理学を紹介します</strong>。

★オンラインでのご受講もできます★
<h2>勉強会の内容</h2>
以下のテーマで勉強会を開催しています。
<h3>ブッダとアドラー心理学</h3>
<a title="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" href="https://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97%E2%80%95%E2%80%95%E2%80%95%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88-%E5%B2%B8%E8%A6%8B-%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4478025819?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4478025819" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51sPGsTuF0L._SL250_.jpg" alt="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" /></a>

『嫌われる勇気』の大ヒットにより、多くの人に知られるようになったのが「アドラー心理学」です。

アドラー心理学では
<blockquote><strong>人間の悩みはすべて対人関係の悩みである</strong></blockquote>
と教えられています。

アドラーの言うように、人間関係で悩んでいない人はいないでしょう。
<ul>
<li>職場に高圧的でイヤな上司がいる</li>
<li>同僚が先に昇進して、ねたましい</li>
<li>夫に尽くしても、ありがとうの『あ』の字さえ言わない</li>
<li>家に帰ると妻のグチばかり聞かされる。妻のいる家に帰りたくない</li>
</ul>
など、悩みは尽きません。

そんな人間関係の悩みを抱えたままでは精神的に苦しく、気持ちが押しつぶされてしまいでしょう。

どうすれば人間関係の悩みを解消して、幸せに生きられるのでしょうか?

<strong>その人間関係の悩みを解決して、幸せに生きる方法を教えているのがアドラー心理学です</strong>。

ワークショップでは、アドラー心理学を親和性の高い仏教とともに、人間関係の悩み解決のメソッドを紹介します。
<h4>開催日時</h4>
・9/15(水)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)
<strong> </strong>テーマ:ライフスタイル(=性格)を変える方法

・9/20(<span style="color: #ff0000;">月</span>)14:00~15:30 Zoom配信
<strong> </strong>テーマ:悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法

・9/20(<span style="color: #ff0000;">月</span>)19:30~21:00 Zoom配信
<strong> </strong>テーマ:人生を好転させる“ライフスタイルの再選択”

<span data-sheets-value="{&quot;1&quot;:2,&quot;2&quot;:&quot;・9/26(日)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分) |テーマ:ブッダとアドラー心理学「“承認欲求”との向き合い方」&quot;}" data-sheets-userformat="{&quot;2&quot;:8577,&quot;3&quot;:{&quot;1&quot;:1},&quot;10&quot;:0,&quot;11&quot;:3,&quot;16&quot;:10}" data-sheets-formula="=&quot;・&quot;&amp;TEXT(R[0]C2,&quot;m&quot;)&amp;&quot;/&quot;&amp;TEXT(R[0]C2,&quot;d&quot;)&amp;&quot;(&quot;&amp;TEXT(R[0]C2,&quot;ddd&quot;)&amp;&quot;)&quot;&amp;TEXT(R[0]C3,&quot;h:mm&quot;)&amp;&quot;~&quot;&amp;TEXT(R[0]C5,&quot;h:mm&quot;)&amp;&quot; &quot;&amp;R[0]C6&amp;&quot; &quot;&amp;&quot;|テーマ:&quot;&amp;R[0]C7">・9/26(<span style="color: #ff0000;">日</span>)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)
<strong> </strong>テーマ:“承認欲求”との向き合い方</span>

※ZoomのURL・会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと行動心理学から学ぶ「与える人(ギバー)が本当に成功するルール」</h3>
『<strong>GIVE &amp; TAKE</strong>』という本をご存知でしょうか?

<a title="GIVE &amp; TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)" href="https://www.amazon.co.jp/GIVE-TAKE-%E3%80%8C%E4%B8%8E%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%80%8D%E3%81%93%E3%81%9D%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E6%99%82%E4%BB%A3-%E5%8D%98%E8%A1%8C%E6%9C%AC-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%88/dp/4837957463?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4837957463" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img class="alignnone" style="border: 1px #ccc solid;" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51zlMpFCCSL._SL250_.jpg" alt="GIVE &amp; TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)" width="170" height="250" /></a>

『GIVE&TAKE』は、組織心理学者のアダム・グラント氏(ペンシルベニア大学ウォートン校の心理学教授)によって書かれた、世界中の人々の 「働く意義」を変えた といわれるベストセラーです。

&nbsp;

この本の中でグラント教授は、人はどのように「ギブ・アンド・テイク」をしているかという観点から、人間を3つのタイプに分類されています。

そのタイプとは、
<ul>
<li>ギバー(Giver)</li>
<li>テイカー(Taker)</li>
<li>マッチャー(Matcher)</li>
</ul>
の3つです。

&nbsp;

ギバーは、<strong>受けとる以上に、見返りを求めること多くを与えようとする人</strong>、

テイカーは、<strong>相手よりも自分の利益を優先し、与えるより多くを受けとろうとする人</strong>、

マッチャーは<strong>損得のバランスと取ろうとする人</strong>のことです。

一人の人間であっても、ギバーとしての面もあれば、マッチャーとしてふるまうこと、テイカーのように自分の利益のみを考えてしまうこともあるでしょう。

&nbsp;

ではどのタイプとして行動すれば、対人関係も良好となり、仕事もうまくいき、精神的にも健康に生きられるのでしょうか。

それが3万人以上を対象としたグラント教授の調査によって明らかにされています。

&nbsp;

グラント教授は「ギバー」になることを勧めてられていますが、それは単純に「ひたすら他人に与えればよい」ということではありません。

<strong>ギバーには他のタイプが持ち得ない素晴らしい才能がある反面、燃え尽きにつながる落とし穴、いい人であるがゆえに悩ませる罠がある</strong>のです。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>そもそもなぜギバーになることが勧められているのか</li>
<li>ギバーの飛び抜けた素晴らしい才能とは</li>
<li>与える人を悩ませる罠の回避方法、行動戦略</li>
</ul>
をご紹介します。

これからのより良い人間関係の構築に、きっと役立てる内容です。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。

ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>お釈迦様もまた、幸せになるためには「与えなさい」と教えられつつも、相手は選ぶべきだともいわれ、グラント教授の主張と重なるところが多く見られます</strong>。

仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、その共通点をお話ししていきます。
<h4>開催日時</h4>
・9/18(<span style="color: #ff0000;">土</span>)10:00~11:30 TK会議室(神保町駅・徒歩3分)

※ZoomのURL・会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと心理学に学ぶ「“自分軸”へ切り替えて、罪悪感を減らす方法」</h3>
今回のワークショップのキーワードが
「<strong>自分軸</strong>」と「<strong>他人軸</strong>」、そして「<strong>罪悪感</strong>」です。

&nbsp;

あなたには、

「つい自分を責めて、ダメ出ししてしまう」
「うまくいかないことがあると“自分だけが悪い”と思ってしまう」
「人の期待に応えようと“無理して”がんばりすぎてしまう」
「何もかもいやになって、人のせいにしてしまう」

ということはないでしょうか。

そのような幸せとはいえない状態になるのは<strong>「罪悪感」が要因である</strong>といわれています。

&nbsp;

「罪悪感」とは、「自分が悪い」「自分のせいだ」という感情のことです。

<strong>罪悪感によって、私達は無意識に「自分が幸せになれない」選択をしてしまい、自分が傷つく状況に陥ってしまいます</strong>。

この罪悪感は誰もが持っているもので、なくすことはできません。

だからこそ、<strong>罪悪感と上手に付き合うことが、日々の悩みを解消して幸せになるために欠かせない</strong>のですね。

&nbsp;

ではその罪悪感と上手に付き合うにはどうすればいいのでしょうか。

それには<strong>“自分軸”で生きること</strong>です。

&nbsp;

自分以外の外側に問題があると思う(あるいは外側にはまったく問題がないと思う)「他人軸」では、問題は解決しません。

<strong>「これはあくまで自分の問題だ」と自分軸で捉えることで、前向きに人生と向き合い、他人や自分を過剰に責めることはなくなります</strong>。

自信が持てて、罪悪感にとらわれることなく、よい行動が引き出されるのですね。

&nbsp;

今回のワークショップでは、罪悪感について解説された書籍『いつも自分のせいにする罪悪感が すーっと消えてなくなる本』をもとに

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07T2CCC8K/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=B07T2CCC8K&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=a064c2e8ecec0f3c44a0889e3fdf4ca0" target="_blank" rel="noopener"><img style="border: 1px solid #ccc;" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=B07T2CCC8K&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" /></a>
<ul>
<li>罪悪感とは何か。罪悪感によって幸せになれないメカニズム</li>
<li>他人軸から自分軸へと切り替え、罪悪感を減らしていく方法</li>
</ul>
をご紹介していきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

人間の心を奥底まで知られたお釈迦様は、私たちが幸せになるための仕組みを詳しく説かれ、
そのための考え方や行動も多く教えられています。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく
仏教の観点での「“自分軸”へと切り替えて、罪悪感を減らす方法」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・9/18(<span style="color: #ff0000;">土</span>)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)

※ZoomのURL・会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダとポジティブ心理学に学ぶ「周囲のつながりを良くし、“最大ポテンシャル”を発揮する方法」</h3>
『<strong>潜在能力を最高に引き出す法: ビッグ・ポテンシャル</strong>』という本をご存知でしょうか?

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4198647372/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4198647372&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=96ed67b2bb8d3a0adc3889d2e96df2ce" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4198647372&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" /></a><img style="border: none !important; margin: 0px !important;" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=ym624072038-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4198647372" alt="" width="1" height="1" />

ハーバード大学 ポジティブ心理学の人気講師 ショーン・エイカー氏によって書かれた、最新のポジティブ心理学の成功理論が紹介されている本です。

&nbsp;

この本のキーワードが「<strong>最大ポテンシャル</strong>」です。

最大ポテンシャルとは、「<strong>他者との間に生じる、好循環によってのみ達成可能な大きい成功</strong>」をいいます。

&nbsp;

どうすれば将来成功し、幸せな人生を送ることができるのか?

家庭や学校で繰り返し教え込まれることは

「成績や共通のテストの点数、個人の評価基準によって将来が決まる」のであり、 「<strong>成功し、幸福になるためには、他の人との競争に勝たなければならない</strong>」

ということでしょう。

&nbsp;

ところが、「他と競争しなければ幸せになれない」という考えは誤りであることが、最新の心理学研究によって明らかになっているのです。

<strong>個人の成績や評価基準と、将来の成功・幸福とはあまり関係がないのです</strong>。むしろ一人で何もかも取り組もうとすると、ストレスを抱え、幸福感が損なわれ、健康すら害するとまでいわれています。

&nbsp;

それとは反対に、<strong>周囲の人とのつながり</strong>-周りに助けを求めたり、他の人をサポートする-<strong>がある人は、ストレスへの抵抗力も高く、幸福感も得やすく、長期にわたる仕事の成功もしやすい</strong>ことがわかっているのです。

他者をサポートすることで「自分も元気をもらって成長し、また周囲を支援する」という好循環が生まれ、成功と幸福が実現する-それが「最大ポテンシャル」です。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>周囲のつながりがもたらす恩恵</li>
<li>周囲のつながりを良くし、最大ポテンシャルを発揮するための5つの種</li>
</ul>
をご紹介していきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>人間の心を奥底まで知られたお釈迦様も、私たちが幸せになるための仕組みを詳しく説かれ、そのための考え方や行動も多く教えられています</strong>。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「最大ポテンシャルを発揮する方法」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・9/21(火)19:30~21:00 オンライン配信

※ZoomのURL・会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと 偽りなく生きるための心理学 から学ぶ「自己肯定感を育てる方法」</h3>
『本当の勇気は「弱さ」を認めること』という本をご存知でしょうか?

<a href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4763133004/ref=as_li_tl?ie=UTF8&amp;camp=247&amp;creative=1211&amp;creativeASIN=4763133004&amp;linkCode=as2&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkId=ff27016b449b85153534ed436ef1eb4c" target="_blank" rel="noopener"><img style="border: 1px solid #ccc;" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4763133004&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=ym624072038-22" /></a>

こちらは、ヒューストン大学のブレネー・ブラウン教授によって書かれた、「ヴァルネラビリティ」の解説本です。
※ブラウン教授のTEDスピーチ「傷つく心の力」は 5000万回以上再生されるほど、注目されています

「ヴァルネラビリティ」(vulnerability)とは、「<strong>不確実性・リスク・生身をさらすこと</strong>」と定義されています。

&nbsp;

あなたには

「失敗したくない」
「人前で恥をかきたくない」
「“できる人”、有能な人だと思われたい」

という思いはないでしょうか。

多かれ少なかれ、どなたも抱いている思いだと思います。

&nbsp;

その思いのために、確実にうまくいくとわかっていることしかやらず、
<ul>
<li>未知の分野に進む</li>
<li>知らない人とコミュニケーションを取る</li>
<li>自分の感情や本音を話す</li>
</ul>
などの自分が傷つく可能性のあることは避けてしまいがちでしょう。

しかしそういったリスクを避けていても、

私達が心から求めている
「人とのつながり」
「互いに共感できた喜び」
「勇気を出して挑戦したことによる達成感」
などを味わうことはできません。

それでは自己肯定感は高まらず、人とのつながりも希薄になり、生きづらさを抱えることになります。

&nbsp;

それとは反対に、

<strong>傷つく可能性を受け入れて、偽りのない生き方(=ヴァルネラビリティ)をしてこそ、自己肯定感を育くまれ、自分の価値や成長を感じ、幸福感が得られる</strong>のです。

<strong>人とのつながりも強固なものになり、より安心して、自信を持って生きていくことができます</strong>。

&nbsp;

ワークショップでは、
<ul>
<li>「偽りのない生き方(=ヴァルネラビリティ)」の基本的な原理</li>
<li>偽りのない生き方をして、自己肯定感を育てるステップ</li>
</ul>
をご紹介していきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

お釈迦様の説かれた仏教にも「人間の心の仕組み」が詳細に教えられ、偽りなく生きるためのヒントが多くあります。

仏教を学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「偽りなく生き、自己肯定感を育てる方法」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・9/23(<span style="color: #ff0000;">木</span>)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)

※ZoomのURL・会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h2>参加された方の感想・詳細 & 参加お申し込み</h2>

<!– wp:heading {"level":3} –>
<h3>勉強会に参加された方の感想</h3>
<!– /wp:heading –>

<!– wp:image {"align":"center","id":1576} –>
<div class="wp-block-image"><figure class="aligncenter"><img src="http://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2017/12/DSC_0006-300×98.png" alt="" class="wp-image-1576"/></figure></div>
<!– /wp:image –>

<!– wp:vk-blocks/flow {"arrowFlag":"vk_flow-arrow-off","className":"undefined border-line: #fff"} –>
<div class="wp-block-vk-blocks-flow vk_flow-arrow-off vk_flow undefined border-line: #fff"><div class="vk_flow_frame"><dl class="vk_flow_frame_text"><dt class="vk_flow_frame_text_title"><strong><span style="color:#e60033" class="tadv-color">心理学、仏教共に、面白く、もっと知りたいと思った</span></strong></dt><dd class="vk_flow_frame_text_content">今回、初めての参加でワクワクでした。<br>参加させて頂きありがとうございました!<br>事例や、体験談を例にあげて話して頂き、とてもわかりやすかったです。<br>そして、その対処法なども、短く具体的にまとめて説明して頂いたので、短い時間でしたが、内容がしっかりと伝わってきました。<br>心理学、仏教共に、面白く、もっと知りたいと思いました。<br>また、参加させて頂きたいです!<br>本当にありがとうございました。<br></dd></dl></div></div>
<!– /wp:vk-blocks/flow –>

<!– wp:vk-blocks/flow {"arrowFlag":"vk_flow-arrow-off","className":"undefined border-line: #fff"} –>
<div class="wp-block-vk-blocks-flow vk_flow-arrow-off vk_flow undefined border-line: #fff"><div class="vk_flow_frame"><dl class="vk_flow_frame_text"><dt class="vk_flow_frame_text_title"><strong><span style="color:#e60033" class="tadv-color">心を見つめ問題の解決法まで分かりやすく説明してもらえた</span></strong></dt><dd class="vk_flow_frame_text_content">問題を分析して解決法まで分かりやすく説明して頂けました。<br>心理学のレクチャーを初めて聞きましたが、凄く興味を持てました。</dd></dl></div></div>
<!– /wp:vk-blocks/flow –>

<!– wp:vk-blocks/flow {"arrowFlag":"vk_flow-arrow-off","className":"undefined border-line: #fff"} –>
<div class="wp-block-vk-blocks-flow vk_flow-arrow-off vk_flow undefined border-line: #fff"><div class="vk_flow_frame"><dl class="vk_flow_frame_text"><dt class="vk_flow_frame_text_title"><strong><span style="color:#e60033" class="tadv-color">心を見つめ直す良い機会になった</span></strong></dt><dd class="vk_flow_frame_text_content">説明がとても分かりやすかった。<br>日頃の自分の心の持ち方で反省すべきところに気づく、良い機会になりました。<br>ありがとうございます。</dd></dl></div></div>
<!– /wp:vk-blocks/flow –>

<!– wp:heading {"level":3} –>
<h3>タイムテーブル</h3>
<!– /wp:heading –>

<!– wp:cocoon-blocks/timeline {"title":"","items":5,"borderColor":"white","pointColor":"red"} –>
<div class="wp-block-cocoon-blocks-timeline timeline-box cf block-box has-border-color has-point-color has-white-border-color has-red-point-color"><div class="timeline-title"></div><ul class="timeline"><!– wp:cocoon-blocks/timeline-item {"label":"開始","title":"参加者同士で簡単に自己紹介(5分)"} –>
<li class="wp-block-cocoon-blocks-timeline-item timeline-item cf"><div class="timeline-item-label">開始</div><div class="timeline-item-content cf"><div class="timeline-item-title">参加者同士で簡単に自己紹介(5分)</div><div class="timeline-item-snippet"></div></div></li>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline-item –>

<!– wp:cocoon-blocks/timeline-item {"label":"","title":"勉強会の概要紹介(5分)"} –>
<li class="wp-block-cocoon-blocks-timeline-item timeline-item cf"><div class="timeline-item-label"></div><div class="timeline-item-content cf"><div class="timeline-item-title">勉強会の概要紹介(5分)</div><div class="timeline-item-snippet"></div></div></li>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline-item –>

<!– wp:cocoon-blocks/timeline-item {"label":"","title":"心理学&仏教の話(30分×2 ※途中、休憩をはさみます)"} –>
<li class="wp-block-cocoon-blocks-timeline-item timeline-item cf"><div class="timeline-item-label"></div><div class="timeline-item-content cf"><div class="timeline-item-title">心理学&仏教の話(30分×2 ※途中、休憩をはさみます)</div><div class="timeline-item-snippet"></div></div></li>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline-item –>

<!– wp:cocoon-blocks/timeline-item {"label":"","title":"グループ・ディスカッション(10分)"} –>
<li class="wp-block-cocoon-blocks-timeline-item timeline-item cf"><div class="timeline-item-label"></div><div class="timeline-item-content cf"><div class="timeline-item-title">グループ・ディスカッション(10分)</div><div class="timeline-item-snippet"></div></div></li>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline-item –>

<!– wp:cocoon-blocks/timeline-item {"label":"終了","title":"終了後も希望者でフリートーク"} –>
<li class="wp-block-cocoon-blocks-timeline-item timeline-item cf"><div class="timeline-item-label">終了</div><div class="timeline-item-content cf"><div class="timeline-item-title">終了後も希望者でフリートーク</div><div class="timeline-item-snippet"></div></div></li>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline-item –></ul></div>
<!– /wp:cocoon-blocks/timeline –>

<!– wp:heading {"level":3} –>
<h3>参加費</h3>
<!– /wp:heading –>

<!– wp:paragraph –>
<p>1000円をお預かりしています。事前のご入金をよろしくお願いいたします(ご入金方法は、お申し込み後に送られるメールをご覧ください)。</p>
<!– /wp:paragraph –>

<!– wp:heading {"level":3} –>
<h3>オンラインでの参加方法<a name="schedule"></a></h3>
<!– /wp:heading –>

<!– wp:columns –>
<div class="wp-block-columns"><!– wp:column –>
<div class="wp-block-column"><!– wp:image {"align":"center","id":8096,"sizeSlug":"full","linkDestination":"none"} –>
<div class="wp-block-image"><figure class="aligncenter size-full"><img src="https://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2021/09/3321518_s.jpg" alt="" class="wp-image-8096"/></figure></div>
<!– /wp:image –></div>
<!– /wp:column –>

<!– wp:column –>
<div class="wp-block-column"><!– wp:image {"align":"center","id":7198,"width":320,"height":214,"sizeSlug":"full","linkDestination":"none"} –>
<div class="wp-block-image"><figure class="aligncenter size-full is-resized"><img src="https://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2020/10/3961993_s.jpg" alt="" class="wp-image-7198" width="320" height="214"/></figure></div>
<!– /wp:image –></div>
<!– /wp:column –></div>
<!– /wp:columns –>

<!– wp:vk-blocks/flow {"arrowFlag":"vk_flow-arrow-off","className":"undefined"} –>
<div class="wp-block-vk-blocks-flow vk_flow-arrow-off vk_flow undefined"><div class="vk_flow_frame"><dl class="vk_flow_frame_text"><dt class="vk_flow_frame_text_title"><strong>Zoomを使って</strong><br><strong>オンラインでのワークショップをご受講もできます</strong></dt><dd class="vk_flow_frame_text_content">ご希望いただいた方には専用のURLをお送りし、そちらにアクセスいただくことで、PC・スマホからご受講いただけます(発言が難しい方は、受信のみでのご参加も可能です)。</dd></dl></div></div>
<!– /wp:vk-blocks/flow –>

<!– wp:tadv/classic-paragraph /–>

お問い合わせ & 参加お申込み

<strong>参加をご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご入力いただき、今すぐ送信ボタンを押してください。</strong>

    お名前
    メールアドレス
    参加希望の勉強会

    ※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

    9/15(水)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダとアドラー心理学「ライフスタイル(=性格)を変える方法」9/18(土)10:00~11:30 TK会議室(神保町駅・徒歩3分)|テーマ:ブッダと行動心理学から学ぶ「与える人(ギバー)が本当に成功するルール」9/18(土)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダと心理学「“自分軸”へ切り替えて、罪悪感を減らす方法」9/20(月・祝)14:00~15:30 Zoom配信|テーマ:ブッダとアドラー心理学「悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法」9/20(月・祝)19:30~21:00 オンライン配信|テーマ:ブッダとアドラー心理学「人生を好転させる“ライフスタイルの再選択” 」9/21(火)19:30~21:00 オンライン配信|テーマ:ブッダとポジティブ心理学「周囲のつながりを良くし、“最大ポテンシャル”を発揮する方法9/23(木・祝)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダと 偽りなく生きるための心理学「自己肯定感を育てる方法」9/26(日)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダとアドラー心理学「“承認欲求”との向き合い方」

    ご参加方法オンラインで参加直接参加
    行事に関してご質問があれば、ご自由にお書きください。

     

         

    ワークショップとの日程が合わない方へ

    <ul>
    <li>勉強会に参加される前に一度お試しで聞いてみたい方</li>
    <li>勉強会の日程が合わない方</li>
    <li>90分の時間が取れない方</li>
    </ul>
    には、【30分無料お試しワークショップ】もご受講いただけます。

    【30分無料お試しワークショップ】のお申し込みはこちら

     

     

     

    主催紹介

    <img class="alignnone size-full wp-image-1587" src="http://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2017/12/middle_751239d8-70ad-4b76-8007-f0a3dc903d27.jpg" alt="" width="150" />

    南雄一郎

    2011年 金沢大学工学部卒業
    職種:ライター

    大学では機械工学を専攻するなか、悩み解消のヒントや生きる指針を教える仏教に強い関心を持ち、仏教講演会に多数参加しました。

    また大学卒業後は仏教と親和性のある心理学にも興味を持ち、独学で学びました。

    現在は東京都内でウェブエンジニアとして仕事をしながら、対人関係の悩み解消し、自立した生き方の実現を目的とした 仏教×心理学のワークショップを開催しています。

    ワークショップの累計開催数は500回以上です。

    2018年 新潟県キャリアセンター様主催 キャリアコンサルタント フォローアップセミナーにて講師をつとめました。

    NPC法人HMC協会 認定心理カウンセラー(セルフ資格) 。

    心理学&仏教ワークショップ 東京