<h2>心理学&仏教ワークショップのご紹介</h2>
<ul>
<li>毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」</li>
<li>今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい</li>
<li>職場以外の友達がほしい</li>
</ul>
そんな気持ちにお応えできるよう、この勉強会では、<strong>いろいろな職種の方に参加してもらって交流を深めるとともに、日常に生かせる心理学を紹介します</strong>。

&nbsp;
<h2>勉強会の内容</h2>
以下のテーマで勉強会を開催しています。
<h3>ブッダとアドラー心理学</h3>
<a title="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" href="https://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8B%87%E6%B0%97%E2%80%95%E2%80%95%E2%80%95%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%95%93%E7%99%BA%E3%81%AE%E6%BA%90%E6%B5%81%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88-%E5%B2%B8%E8%A6%8B-%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4478025819?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4478025819" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51sPGsTuF0L._SL250_.jpg" alt="嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え" /></a>

『嫌われる勇気』の大ヒットにより、多くの人に知られるようになったのが「アドラー心理学」です。

アドラー心理学では
<blockquote><strong>人間の悩みはすべて対人関係の悩みである</strong></blockquote>
と教えられています。

アドラーの言うように、人間関係で悩んでいない人はいないでしょう。
<ul>
<li>職場に高圧的でイヤな上司がいる</li>
<li>同僚が先に昇進して、ねたましい</li>
<li>夫に尽くしても、ありがとうの『あ』の字さえ言わない</li>
<li>家に帰ると妻のグチばかり聞かされる。妻のいる家に帰りたくない</li>
</ul>
など、悩みは尽きません。

そんな人間関係の悩みを抱えたままでは精神的に苦しく、気持ちが押しつぶされてしまいでしょう。

どうすれば人間関係の悩みを解消して、幸せに生きられるのでしょうか?

<strong>その人間関係の悩みを解決して、幸せに生きる方法を教えているのがアドラー心理学です</strong>。

ワークショップでは、アドラー心理学を親和性の高い仏教とともに、人間関係の悩み解決のメソッドを紹介します。

講座の内容を一部、ご紹介しています

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/Dgwdn-84S34" width="677" height="480" frameborder="0" allowfullscreen="allowfullscreen"></iframe>
<h4>開催日時</h4>
・9/5(木)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)
<strong> </strong>テーマ:即実践できる 悩みの解決法

・9/7(<span style="color: #ff0000;">土</span>)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)
<strong> </strong>テーマ:ライフスタイル診断と、適切な自己受容法

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと行動心理学から学ぶ 「レジリエンス(=折れない心)の鍛え方」</h3>
『OPTION B(オプションB)』という本をご存知でしょうか?

<a title="OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び" href="https://www.amazon.co.jp/OPTION-B-%E3%82%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3B-%E9%80%86%E5%A2%83%E3%80%81%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E5%96%9C%E3%81%B3-%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0/dp/453232159X?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=453232159X" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51kZM0TCw%2BL._SL250_.jpg" alt="OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び" /></a>

著者はフェイスブックのCOO シェリル・サンドバーグと、行動心理学者のアダム・グラント教授です。

シェリル・サンドバーグは2015年、事故により最愛の夫と死別をしてしまいます。

恐れと悲嘆で苦しむなか、彼女は友人のアダム・グラント教授に助けを求め、グラント教授は確かなデータをもとに悲嘆から回復する方法を伝え、その方法をどう実践して立ち直っていったかが紹介されています。

題名の「オプションB」とは、オプションA(=最善策)に対する言葉で、
「仕事の失敗や突然の病、愛する人の死などで最善策が取れなくなってしまった際の次善策」を意味します。

この<strong>「オプションB」をとことん使い倒し、すばやく立ち直れる力が“レジリエンス”</strong>です。

<strong>レジリエンスを鍛えることで、</strong>
<strong>逆襲が襲ってきたとしも、無力感・悲嘆からすばやく脱し、力強く生きることができるのです</strong>。

ストレスにさいなまれ、無力感を抱き、うつ病を患う人が増え続ける今の時代は、特に鍛えることが求められる力でしょう。

ワークショップでは、
<ul>
<li>挫折からの立ち直りを妨げる3つの原因とは何か</li>
<li>その3つの原因に対処し、レジリエンスを鍛える方法</li>
</ul>
をご紹介していきます。

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>『OPTION B』の中でも、悲嘆から回復するためのヒントとして、仏教で説かれる真理が引用されるなど、お釈迦様からもレジリエンスを鍛える方法を学ぶことができます</strong>。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点でのレジリエンスについてもお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・8/25(<span style="color: #ff0000;">日</span>)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダとポジティブ心理学に学ぶ「人生を明るくするオプティミストになる方法」</h3>
『<strong>オプティミストはなぜ成功するか</strong>』という本をご存知でしょうか?

<a title="オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)" href="https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%8B-%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4775941100?SubscriptionId=AKIAJDMGMSZQCABPFINQ&amp;tag=ym624072038-22&amp;linkCode=xm2&amp;camp=2025&amp;creative=165953&amp;creativeASIN=4775941100" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><img src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2BQhZ%2BjRPL._SL250_.jpg" alt="オプティミストはなぜ成功するか [新装版] (フェニックスシリーズ)" /></a>

これはポジティブ心理学の第一人者であるマーティン・セリグマンによる、オプティミストとペシミストについて解説された本です。

オプティミストとは<strong>楽観主義者</strong>、ペシミストは<strong>悲観主義者</strong>のことです。

ペシミストは、自分に起きた出来事に対して悲観的な説明をします。

悪い出来事に対して、

・悪いことは長く続く
・自分は何をやってもうまくいかない
・自分が悪い

と思い込み、自分の可能性を狭めて才能以上の力を発揮できず、人生そのものも楽しめず、最悪の場合はうつ病に陥ることもあります。

<strong>反対にオプティミストは楽観的な説明をすることで うつ病になりにくく、十分な力を発揮し、人生そのものも楽しむことができるのです</strong>。

&nbsp;

では自分がペシミストであるなら、どうすればオプティミストになれるのでしょうか?

&nbsp;

オプティミストとペシミストを分けるのは、先にあったように、出来事をどう自分に説明するかという「<strong>説明スタイルのあり方</strong>」にあります。

ゆえに、<strong>楽観的な説明スタイルを身につけることで、ペシミストもオプティミストになることができるのです</strong>。

&nbsp;

ワークショップでは
<ul>
<li>オプティミストとペシミストの違い</li>
<li>また、楽観的な説明スタイルの身につけ方</li>
</ul>
をご紹介します。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。

ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>お釈迦様もまた、物事の正しい見方、物事をどのように見れば悲嘆に暮れることなく前向きに努力・向上していけるかを詳しく教えられています</strong>。

これまで学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での説明スタイルもお話ししていきます。
<h4>開催日時</h4>
・8/27(火)19:30~21:00 武蔵小杉レンタルスペース(武蔵小杉駅・徒歩5分)

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと心理学から学ぶ「自己変革を実現させる“免疫マップ”」</h3>
「自分を変えて、ダメな自分を捨てたい」
「イヤな性格を直して、対人関係のあり方を変えたい」
「もっと自己成長したい」

という思い、持たれてはいないでしょうか?

&nbsp;

しかし、その思いが実現されないまま何年も経ってしまっている方も多いでしょう。

実際に、<strong>専門医から現在の生活を変えるように警告されても、85%の人は、自ら望んでいるにもかかわらず変革を実行できない</strong>、という研究結果もあります。

&nbsp;

変わることを必要とし、心から望んでいるにもかかわらず、人が変われないのはなぜなのでしょうか?

&nbsp;

30年間以上、“成人の成長”に関する研究を続けているハーバード大学 教育学大学院教授 ロバート・キーガン氏は

<strong>人が変わることを妨げる最大の障壁が十分に理解されていないから</strong>

と説明しています。

キーガン氏はさらに、変わることを妨げる最大の障壁とは“<strong>変革をはばむ免疫機能</strong>”であること、

<strong>そして“免疫マップ”を作成することで問題があぶり出され、長期的な変革を実現するのが可能になる</strong>ことを明らかにされています。

&nbsp;

ワークショップでは、キーガン氏のベストセラー『なぜ人と組織は変われないのか』の内容を踏まえ、
<ul>
<li>人が変わることを妨げる最大の障壁“変革を阻む免疫機能”となにか?</li>
<li>免疫機能を克服する“免疫マップ”の作成法と、変革への具体的な方法</li>
</ul>
をご紹介していきます。

&nbsp;

それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。
ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。

<strong>人間の心を奥底まで知られたお釈迦様も、思考や行動を変えるための方法を多く教えられています</strong>。

ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点での「自己変革の方法」をお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・8/29(木)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h3>ブッダと心理学から学ぶ 「認知のゆがみ、思い込みを正す“論理療法”」</h3>
「私はダメな人間だ。もう立ち直れない」と自分を責めてしまうこと、

あるいは「あの人はなんてひどい人間なのだろう」と他者を責めてしまうことはないでしょうか?

このような<strong>“思い込み”による自己批判や他者批判は、不安や恐れ、抑うつや怒りなどの感情を生み出してしまい、心身に悪影響を及ぼしてしまいます</strong>。

&nbsp;

そんな不健全な感情を生み出す“思い込み”を直すことができれば、<strong>感情を効果的なものへと変えて落ち込みから立ち上がり、前向きな行動へと踏み出すことできるようになります</strong>。

その思い込み、誤った信念を変えるための方法が、<strong>論理療法</strong>です。

論理療法(REBT)は、世界三大心理療法家といわれるアルバート・エリス氏が生み出した心理療法であり、現在の心理療法の中心となっている認知行動療法(CBT)の礎となったといわれています。

&nbsp;

ワークショップでは、論理療法について懇切に解説されたエリス氏の著者『現実は厳しい。でも幸せにはなれる』を元に、
<ul>
<li>そもそも論理療法とはなにか?その基本的な考え方</li>
<li>論理療法 実践のための3ステップ</li>
</ul>
をお話しします。

&nbsp;

また、これと同時にお話しするのが、2600年前に説かれた仏教です。

エリス氏は、仏陀の教えも論理療法に取り入れていると言われており、同時に学ばれることで2つを深く理解することにつながります。

ワークショップでは、仏教を学んだことがない、という方にもわかりやすく、論理療法と特に共通する仏教の内容もお話しします。
<h4>開催日時</h4>
・9/7(<span style="color: #ff0000;">土</span>)18:00~19:30 中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)
テーマ:ブッダと論理療法「自己受容の方法」

・9/10(火)19:30~21:00 武蔵小杉レンタルスペース(武蔵小杉駅・徒歩5分)
テーマ:ブッダと論理療法「動揺しにくい自分をつくる実践的方法」

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

ワークショップの参加お申し込みはこちら

&nbsp;
<h2>勉強会の感想・詳細・お問い合わせ & 参加お申し込み</h2>

<h3>勉強会に参加された方の感想</h3>
<img class="size-medium wp-image-1576 aligncenter" src="http://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2017/12/DSC_0006-300×98.png" alt="" width="300" />
<h4>心理学、仏教共に、面白く、もっと知りたいと思った</h4>
今回、初めての参加でワクワクでした。
参加させて頂きありがとうございました!

事例や、体験談を例にあげて話して頂き、とてもわかりやすかったです。

そして、その対処法なども、短く具体的にまとめて説明して頂いたので、短い時間でしたが、内容がしっかりと伝わってきました。

心理学、仏教共に、面白く、もっと知りたいと思いました。

また、参加させて頂きたいです!

本当にありがとうございました。
<h4>問題の解決法まで分かりやすく説明してもらえた</h4>
問題を分析して解決法まで分かりやすく説明して頂けました。

心理学のレクチャーを初めて聞きましたが、凄く興味を持てました。
<h4>心を見つめ直す良い機会になった</h4>
説明がとても分かりやすかった。

日頃の自分の心の持ち方で反省すべきところに気づく、良い機会になりました。

ありがとうございます。

&nbsp;

<h3>タイムテーブル</h3>
<ol>
<li>参加者同士で簡単に自己紹介(5分)</li>
<li>勉強会の概要紹介(5分)</li>
<li>心理学&仏教のお話(30分×2 ※途中、休憩をはさみます)</li>
<li>グループ・ディスカッション(10分)</li>
</ol>
&nbsp;
<h3>参加費</h3>
特に参加費は決まっていません。お気持ちをお預かりしています。
(目安は1000円です)

&nbsp;

お問い合わせ & 参加お申込み

<strong>参加をご希望の方は、以下のフォームに必要事項をご入力いただき、今すぐ送信ボタンを押してください。</strong>

お名前
メールアドレス
参加希望の勉強会

※会場詳細は、お申し込みをされた方にメールでお知らせします

8/25(日)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:挫折から立ち直るには?ブッダと行動心理学「レジリエンスの鍛え方」8/27(火)19:30~21:00 武蔵小杉レンタルスペース|テーマ:ブッダとポジティブ心理学「人生を明るくするオプティミストになる方法」8/29(木)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダと心理学から学ぶ「自己変革を実現させる“免疫マップ”」9/3(火)19:30~21:00 武蔵小杉レンタルスペーステーマ:ブッダとアドラー心理学「対人関係が激変する“課題の分離”」9/5(木)19:30~21:00 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダとアドラー心理学「即実践できる 悩みの解決法」9/7(土)14:00~15:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダとアドラー心理学「ライフスタイル診断と、適切な自己受容法」9/7(土)18:00~19:30 中目黒レンタルスペース|テーマ:ブッダと論理療法「自己受容の方法」9/10(火)19:30~21:00 武蔵小杉レンタルスペース|テーマ:ブッダと論理療法「動揺しにくい自分をつくる実践的方法」

行事に関してご質問があれば、ご自由にお書きください。
年齢 10代20代30代40代以上

 

画像認証 ※見えている文字を入力してください。大文字小文字はどちらでも構いません。

captcha

 

 

 

主催紹介

<img class="alignnone size-full wp-image-1587" src="http://psychology.tokyo-workshop.info/wp-content/uploads/2017/12/middle_751239d8-70ad-4b76-8007-f0a3dc903d27.jpg" alt="" width="150" />

南雄一郎

2011年 金沢大学工学部卒業
職種:エンジニア

大学では機械工学を専攻するなか、悩み解消のヒントや生きる指針を教える仏教に強い関心を持ち、仏教講演会に多数参加しました。

また大学卒業後は仏教と親和性のある心理学にも興味を持ち、独学で学びました。

現在は東京都内でウェブエンジニアとして仕事をしながら、対人関係の悩み解消し、自立した生き方の実現を目的とした 仏教×心理学のワークショップを開催しています。

ワークショップの累計開催数は200回以上です。

心理学&仏教ワークショップ 東京