アドラー心理学にみる、他者を“敵”ではなく“仲間”とみなす方法

「他者が自分の思い通りに動いてくれれば、こんなにヤキモキしなくてすむのに…」

毎日のように、このような思いを抱えられているかもしれません。

思うようにならない相手に嫌気が差し、ますます相手との関係が悪くなってしまうこともあるでしょう。

そんな悪循環を止める方法をアドラー心理学から学んでみましょう。

記事の内容を動画でもご紹介しています

スポンサーリンク

人間関係で悩む人は他者を”敵”とみている

アドラー心理学では、人間の悩みはすべて対人関係の悩みである、と教えられています。

そう言われるのは、いろいろなことで悩んだり苦しんだりしているといっても、そこには必ず他者の存在があるからです。

その他者が自分の思い遠いに動いてくれれば、悩むことはありません。

しかし自分の都合よく振る舞ってくれる人なんて、いませんよね。

『アドラー心理学実践入門』ではこう語られています。

この相手は、当然のことながら、自分の意のままに動くわけではありませんから、自分にとってしてほしいことはしないで、してほしくないことをするということはよくあります。

そのような時、私たちは心穏やかでいるわけにはいかず、悩み、苦しむことになります

(『アドラー心理学実践入門』より引用)

「自分にとってしてほしいことはせずに、してほしくないことをする」存在が現れたとき、私達はその相手を“”とみなし、敵からの攻撃に備えようとします。

他者を敵と思えば、自分の生きる世界は危険にあふれた世界と見るようになりますね。

『アドラー 人生の意味の心理学』の中で、

悩みを抱えてカウンセリングにくる人の多くは、他者のことを、隙あらば自分のことを陥れようとする怖い存在、さらにはこの世界全体を危険なところと見ています

と書かれている通りです。

しかしここで1つ、疑問が出てきます。

果たして私達が敵だと思っている相手は、本当に敵なのでしょうか?
本当に周りは敵だらけで、世界は危険に満ちたところなのでしょうか?

傷つくのが恐いから、他者を敵とみなさなければならない

『アドラー 人生の意味の心理学』では、他者が本当に敵かどうかにかかわらず私達自身が他者を敵とみなしている、と指摘されているのです。

なぜ彼らはそんなふうに(他者を恐い存在だと)思ってしまうのでしょうか。

「他者との関係の中に入っていきたくない」という目的があるからです

他者と関われば、必ずそこには摩擦が生まれ、憎まれたり、嫌われたり、裏切られたりといったことが生じます。

そうなって傷つくのが怖いので、「他者と関わりを持たないようにしよう」と考えるのです

そう思うために他者を敵と見なさなければならないのです

(『アドラー 人生の意味の心理学』より引用)

「他者と関わることで嫌われたり、裏切られたりしたくない」、そういう思いが先にあって、その目的のために他者と敵をみなしているのですね。

そして他者を敵とみなすために、「あの人の××なところが好きじゃない」と、その人の欠点をあげつらうのです。

このように、「~したくない」という目的が先にあって、理由は後からついてくる考え方を「目的論」といいます。

目的論的にみると、根本的な問題は、「私が傷つきたくない」という思い、裏切られたくないという恐れにあるとわかります

ただ、

「あらゆる点で相性が悪い」
「いろいろ努力はしたけれど、この人とはどうにも合わない」

という人もいると思います。

実際に、「2:7:1の法則」というものがあります。

2:7:1の法則

これはアメリカの臨床心理学者 カール・ロジャーズが提唱しています。

この法則は、仮にあなたの周りに10人の人がいたとして、

2人は無条件にあなたを好きになってくれる人、
7人は時々の都合によって味方になったり敵になったり、無関心であったりする人、
そして1人は、あなたを無条件に嫌う人、

というものです。

この法則によれば、どんなに努力をしても合わない人、好きになれない人は必ずいる、ということですね。
だから、相性が悪い人がいたとしても、「私が悪いのかな」と、自分を責める必要はありません。

そういう人には第三者に仲介に入ってもらって、接触はできる限り避けるのがいいでしょう。

しかしだからといって、「あの人もこの人も、それにその人も私は合わない」という人がいれば、その見解は疑わしいです。自分が他者と関わりたくないから、相手を敵とみなしている可能性が高いですね

他者を“敵”ではなく“仲間”とみなす方法

それでは他者を敵ではなく、仲間とみなすにはどうすればいいのでしょうか?

そのアプローチとして有効なのが、「他者の欠点ではなく、長所を見つける」ことです。

他者の欠点ではなく、長所を見つける

私達は他者の欠点に注目をしてしまいがちです。
「あの人の癖を教えて」と言われれば、いくらでも出てきますね。

ところが「長所を教えて」と言われると、よほど尊敬している人でない限りは、なかなか思い浮かばないと思います。

アラ探しは得意なのですが、長所を見つけるのは苦手なのですね。

しかし欠点ばかりを見つけては、関わらないための言い訳を増やしていき、相手は敵であり続けます。

なので、他者の欠点ではなく、長所に注目していきたいです。
あの人にはこんな良いところがある、と思えば、他者の見方が変わっていきます

更なるアプローチ法:ラベルの貼り替え

「いやー、あの人には長所なんてないよ。欠点ばかりだ」と思う人もいるかもしれません。

そういう人はどう見ればいいかについて、アドラー心理学のパイオニアである野田俊作さんは、こうアドバイスされています。

暗い部分と明るい部分とは欠点と長所とは、実は同じものなんです

違うものではない。ただ名前が違うんです

同じものでも違う名前をつければ違う使い方が発見できる

短所と長所は別々のものではなく表裏一体であり、名前が違うだけ。だからラベルを張り替えればいい、と野田さんは指摘されているのですね。

仮に、自分の性格が暗くて悩んでいる人がいたとします。

あなたなら、暗い性格を、どのように言い換えて、相手を励ますでしょうか?

 

なかなか難しいですね…。

 

野田さんはそんな性格の人に対し「思いやりが深くて、謙虚で、感受性が豊かで、親切」と言われるそうです。まるで別人のことを言っているみたいですね笑

しかしそう言えば、相手も満更でもないと思って元気がでるでしょうし、自分の相手への見方も変わってくるでしょう。

ほかにも、

気が小さい人は「慎重で、軽率な行動をしない」
頑固な人は「意思が強い」
融通の利かない人は「几帳面でしっかりしている」

などと、ラベルの貼り替えができます。

ぜひ短所を長所と見て、他者を仲間とみなし、良好な関係を築いていきたいですね。

引用した書籍

関連記事はこちら

ありのままの自分を受け入れるには?アドラー心理学から知る”自己受容”の方法
「自分のここがイヤで仕方ない」 「自己評価が低くて、何事にも自信が持てない」 と、自分のことが好きになれなくて悩んでいる方は多いのではないでしょうか...

スポンサーリンク

コンテンツブッダとアドラー心理学
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
この記事を書いた人
南 雄一郎

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップ 東京