2/12(月・祝)ワークショップレポート 「行動心理学とブッダから学ぶ GIVEの精神③-“時間に鷹揚”がもたらす効果」

勉強会主催の みなみ です。

今回の勉強会には初めての方4名を含む、7名の方にご参加いただきました^^
三連休最後の日の夜だったので、参加される方がおられるか少し不安でしたが、多くの方にご参加いただくことになり、嬉しく思いました(^^)

今回もディスカッションが盛り上がり、お話ししやすい空気を皆さんが作ってくださり、ありがたかったです(>_<)

三連休最後も充実した時間をいただけました♪

組織心理学者が教える「人間の3つのタイプ」

今回の勉強会のテーマは「行動心理学とブッダから学ぶ”GIVEの精神”」についてでした。

『GIVE&TAKE』という本を元にお話ししています。

この本はペンシルベニア大学ウォートン校の修身教授であるアダム・グラントによって書かれた本です。

アダム・グラントは、人間には3つのタイプがあることを提唱しました。

それは

  1. Giverギバー、受け取る以上に多くを与えようとする人)
  2. Takerテイカー、与えるよりも多くを受け取ろうとする人)
  3. Matcherマッチャー、与えることと受け取ることのバランスを取ろうとする人)

の3つです。

この中で、最も成功から遠い位置にいるのはギバーといわれます。

ギバーは「いい人」であるゆえ、テイカーからだまされてしまったり、自分のことを顧みないために燃え尽きてしまったりするのです。

こんなことを聞くと、「ギバーになるなんてバカらしい。テイカーやマッチャーとして振る舞ったほうがよほどいいんじゃないか」と感じると思います。

ところが実は、最も成功している人もまたギバーなのです

なぜそうなるかというと、ギバーにも「他者志向性」と「自己犠牲型」の2通りのぎバーがいるといわれていて、
「自己犠牲型」のギバーはだまされやすく燃え尽きやすく、割を食っているのですが、「他者志向性」のギバーは割を食うことも燃え尽きることもなく、他者と良好な関係を築いて成功しているのです

ではどうすれば、「他者志向性」のギバーになれるのでしょうか?

そのメソッドを3つにまとめて紹介します。

前回の記事ではメソッドの紹介の前に、仏教を説かれたお釈迦様もギバーに成ることを勧められていることをお話ししました。

前回の記事はこちら

ギバーの素晴らしい特徴とは?

「他者志向性」のギバーになる3つのメソッドとは

  1. ギバーの素晴らしい特徴
  2. 自己犠牲型と他者志向性のGiverの違い
  3. 「与えることが当たり前」の環境

の3つです。

今回は、1のギバーの素晴らしい特徴についてご紹介します。

ギバーにどのような特徴があるのか。それがわからないことには、ギバーになりましょうと言われても、なれませんよね。

ではギバーの特徴は何かというと、その1つが「時間に鷹揚」ということです。

人に与えたからといって、それが即成功につながるわけではありませんよね。
結果が出てくるまでは時間がかかります。

畑に種をまいて、翌日に収穫できるほど成長するなんてことは絶対にありません。
人間関係でも同じです。

ギバーは、結果が返ってくるまでが待てる人なのです。

アダム・グラントはこのように語っています。

確かに、ギバーが好意と信頼を築き上げるのには時間がかかるが、最後には、成功へと導いてくれる評判と人間関係をつくることができるのだ

事実、ギバーであることの恩恵は時間とともに大きくなっていく

もちろんリスクもあるが、長い目で見れば、素晴らしい結果をもたらしうるのだ

与えるということは、自分の時間を相手のために使うということであり、自分のことに時間を使えなくなります。
すると、自分のことがおろそかになり、仕事や勉強で成果を挙げられなくなることはあるでしょう。

しかしそれは一時的なものなのです。
相手のために時間を使えば、それだけ良い評判と人間関係が構築され、それらが成功へと押し上げてくれるのですね。

ジョワ・ド・ビーブル・ホテルの創業者であるチップ・コンリーは、こう話しています。

ギバーであることは100メートル走では役に立たないが、マラソンでは大いに役立つ

人生は、一部の方を除けば、100メートル走のような短いものでありません。マラソンのようなものでしょう。

そのマラソンの人生でこそ、長年にわたって大いに役に立つのがギバーであることなのですね。

私達は目先のことのみ考え、結果ばかりを得ようと思ってしまいがちですが、人生というマラソンで成功したいのなら、与えることに時間を使い、鷹揚とした態度が大切といえるでしょう。

 

この「時間に鷹揚」という精神は、仏教の精神とも重なるところがあります。

それについては次回、詳しくお話しします。

勉強会に参加された方の感想

これまでの考えが覆されたり、興味深いお話を沢山聴くことができ、ありがとうございました。
give & takeは早速読もうと思います。

続きの記事はこちら

この記事を書いた人

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

PAGE TOP ↑