11/17(日)レポート 嫌な感情は出てこなくなる?「横の関係」の素晴らしい効果|アドラー心理学に学ぶ 対人関係を円滑にする“横の関係”の築き方5

勉強会主催の みなみ です。

今日は風がかなり強かったものの、快晴で、気持ちのよい天気でしたね。

そのなかでのワークショップには、初めての方お1人を含む、7名の方にご参加いただきました。

夏以来のご参加で、久しぶりにお会いできた方もいて、お話も弾み、有意義な時間を過ごすことができました^^

ディスカッションや気づきのシェアでも、みなさん、積極的に発言いただき、盛り上げてくださって、感謝です(^^)

スポンサーリンク

対人関係で必ずトラブルが生じる「縦の関係」とは?

今日のテーマは、
「アドラー心理学に学ぶ 対人関係を円滑にする“横の関係”の築き方
についてでした。

アドラー心理学では人間の悩みについて、

人間の悩みはすべて対人関係の悩みである

と教えられています。イライラしたり、不満に思っていたりしているなど、悩んでいるときには、必ず他者の存在が関係しているのですね。

では他者との関係をよくし、悩みを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

対人関係でトラブルが生じるのは、それが「縦の関係」であるからだ、といわれています。

縦の関係とは、「支配する、される」の関係、相手を都合よくコントロールしようとしている関係をいいます。

そのような縦の関係を構築すると、どうなるのでしょうか。

精神科医で、アドラー心理学のカウンセリング指導者でもある野田俊作さんは、

それ(横の関係)以外の場合は何かのトラブルがある。

下にされたほうは必ず上になろうとしますから。ずっと下でいるのは誰だっていやですから。

と言われています。

下にされたほうは、立場上、従わなければならず、上の人の言うことを聞き続けるでしょうが、それは決して善意からではありませんね。だんだんと不満がたまっていき、やがては爆発するかもしれません。

たとえ爆発することはなかったとしても、不満、イライラの感情は言動、態度に表れてくるでしょう。
これでは関係は悪化するばかりでしょう。

前回はこのように、縦の人間関係がもたらす問題について詳しくお話ししました。

前回の記事はこちら

7/14(日)レポート 縦の人間関係がもたらす問題-権力闘争、復讐… 必ず生じるトラブル|アドラー心理学に学ぶ 対人関係を円滑にする“横の関係”の築き方4
勉強会主催の みなみ です。 3連休の中日、あいにくの雨模様でしたが、ワークショップには初めての方5名を含む、14名の方にご参加いただきました。 と...

今回は、縦の関係とは反対の「横の関係」が築かれることで得られる効果をご紹介していきます。

「横の関係」に入れば、感情はそもそも出てこなくなる

「支配する、される」の縦の関係に対して、横の関係とは「立場は違っていても対等な関係」のことです。

縦の関係、横の関係

上司と部下、後輩と先輩、親と子といった立場の違いはあったとしても、同じ目線で接するのは横の関係なのですね。

この横の関係が続くとどうなるかについて、先の野田さんはこう言われています。

協力的な関係、信頼関係に入ってきますと、怒りとか、憂うつとか、不安とかいうものがそもそも出てこないのです

それよりももっと便利な方法をたくさん身につけるので、出てこなくなる

(『劣等感と人間関係』より引用)

協力的な関係、信頼関係(=横の関係)が築かれていれば、そもそも相手を支配する、コントロールする必要はなく、ゆえに怒りや憂うつ、不安といった感情は出てこなくなる、つくり出す必要がなくなります。

傾聴して、相手の事情を知って共感する、問題点をフィードバックする、課題の解決ができるようサポートするなどのもっと便利な方法を身につけるので、感情はいらないのですね。

むしろ、感情を出して無理やり相手を支配しようと思っても、その効果は一時的で、やがては関係の悪化を招くのでしょう。

感情的になって相手を叱りつけることについて、『幸せになる勇気』ではこう指摘されています。

叱責を含む「暴力」は、人間としての未熟さを露呈するコミュニケーションである。

怒りのままに叱責するのは、傾聴をはじめとした適切なコミュニケーションができないこと、その大切さを理解していないことを露呈していることになる、ということですね。

横の関係に入れば、すでに信頼関係を築くための方法を実践しているので、感情は不要になるのです。

横の関係を築くには?「私にできることは何かを絶えず考え続ける」

では縦の関係をなくして、横の関係を築くにはどうすればいいのでしょうか?

そのメソッドを3つに分けてご紹介していきます。

1つ目は「私にできることは何かを、絶えず考え続ける」です。

野田さんはこうアドバイスをされています。

精神的に健康なパーソナリティーになるコツを言いましょう。

私にできることは何かを、絶えず考え続けること

人を変えようと思っている限り、相手は変わりません。

私が変わろうと思ったら変わる。

この世の中で変えることができる人間は、自分一人だけ。

人を変えようと思っても、相手はそうは変わりません。それどころか、下にされたほうは不満がたまっていき、上にあがろうとする、というのは先でお話ししました。

変えることができるのは自分一人だけであり、自分を変える。そうすれば結果的に相手が変わるということがあるのですね。

その時に実践したいのが「課題の分離」です。

課題の分離とは何か、
また、横の関係を築くためのほかのメソッドについては次回、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

コンテンツブッダとアドラー心理学レポート
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
この記事を書いた人
南 雄一郎

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップ 東京