<羨望>と<嫉妬>の感情の特徴・その違い・自己評価との関係とは?-生きづらさを解消する 自己評価メソッド40

勉強会主催の みなみ です。

『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうすればいいのか、そのための自己評価の高め方について、続けてご紹介しています。

今回はその40回目です。

自己評価メソッド―自分とうまくつきあうための心理学

スポンサーリンク

<比較>や<競争>が自己評価に与える影響

『自己評価メソッド』は、フランスで人気の精神科医 クリストフ・アンドレ氏によって書かれました。

こちらの記事では、『自己評価メソッド』で紹介されている、自己評価をよくする方法を以下の4つのパートに分けてお話ししています。

  1. 自分を受け入れる
  2. 自分との関係を改善する
  3. 他人との関係を改善する
  4. 行動の仕方を改善する

前回は、自己評価を傷つけることにつながる<比較>や<競争>ををしすぎないための実践法をご紹介しました。

比較や競争をしすぎないための実践法

①よい比較をする

比較は悪いことばかりではなく、役立つ面もあります。

それは、人を観察することで規範から外れないための<社会的学習>ができたり、優れた人をお手本にする(あるいは問題のある人を見て、反面教師にする)ことで個人的な成長につながったりすることです。

そのような“よい比較”をすることが勧められています。

②悪い比較や競争をしない

よい比較をしようとするときに大事なのが、何を社会規範とするか・お手本にするか、ということです。

「美しくなくてはならない・豊かでなくてはならない」などの企業の広告を比較の基準にすれば、自己評価を下げたり、自己評価が安定しなくなったりします。

あくまでそれは企業の広告であり、社会的な規範やお手本にすべきものではない、と考えましょう。

③人は競争に動機づけられやすいと知る

人は言葉によって(「勝つぞ」「戦いだ」などの言葉よって)、簡単に競争が動機づけられることが実験でわかっています。

競争も社会の発展のために必要なときもありますが、現代はあまりに競争があおられすぎていて、もともと動機づけられやすい私達は競争に巻き込まれやすい、と指摘されています。

そのため、どうしても必要な競争以外では、「協力、協力」といった言葉をつぶやき、協力的な態度で臨むことが勧められています

④人ではなく自分と比較する

自己評価によいのが「自分との比較」です。過去の自分のよかったところはお手本にし、悪かったところは反面教師にすることが促されています。

前回の詳細はこちら

自己評価が傷つくのを防ぐ!比較や競争をしすぎないための4つの実践法-生きづらさを解消する 自己評価メソッド39
勉強会主催の みなみ です。 『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうすればいいのか、そのための自己評価の高め方について...

今回は、比較や競争によってわきあがる感情<羨望>と<嫉妬>についてお話しします。

<羨望>と<嫉妬>の感情の特徴、その違いとは?

人と比較をして相手のほうが優れているとわかったり、競争して破れたりすると、わきあがってくる感情が<羨望>と<嫉妬>です。

この2つの感情はともに「自分は劣っている」と思い知らせ、自己評価を傷つける感情です。

では、2つの感情の違いはどんなものなのでしょうか。

羨望と嫉妬の違い

羨望の特徴

<羨望>は、<自分がほしいと思っているのに持っていないもの>を誰かが持っていると知ったときに抱く感情です。

ほしいものとはお金や物に限らず、地位や名誉、幸福など、何でも当てはまります。

これは人と比べたときに感じるものでなので、<比較>に結びついた感情といわれています。

嫉妬の特徴

いっぽうで<嫉妬>は、<自分が持っているもの>を人に奪われるのではないかと恐れたときに抱く感情です。

その結果、持っているものを守ろうとして、奪おうとする人の動きに注意深くなります。

これは、奪おうとする人との戦いともいえるので、<競争>に結びついた感情といわれています。

羨望と嫉妬は同時に感じる場合もある

兄弟が自分よりもいいプレゼントをもらった子供は、うらやましく思う(=羨望)と同時に、兄弟が自分よりも愛されているのではないか、自分の立場が危うくなるのではないかと考えます(=嫉妬)。

このように、羨望と嫉妬はひとつの状況で同時に感じることもあるのですね。

羨望と自己評価との関係

羨望の気持ちを抱くときとは、

「自分と比べて相手がいいものを持っている」と思うと同時に、

自分はそれと同じものを手に入れる能力がない」と思っています(自分にそれを手に入れる能力があるなら、手にしてしまえばいいので、羨望は生じないですね)。

ほしいものを手に入れる能力がないと思うから、「こんな私はダメだ」と自己評価が下がってしまうのです。

そうして自己評価が下がれば、人はつい他人と比較したくなります(「不幸」と「比較すること」には相関関係がありました)。

そこでまた、相手は自分には手にできないものを持っていると思うと、またもや羨望がわき起こってきて、自己評価を下げる…、という<羨望>と<悪い自己評価>との悪循環の円環関係ができあがってしまうのですね。

また、羨望の気持ちにとらわれていると、相手の悪口を言ったり、世の中に対しての不満を言うようになったりする、ともいわれています。

それがエスカレートしていけば、その自分の悪い態度に気づいたとき、かえって自己評価を下げることになるのです。

このように、羨望を抱いていれば、自己評価はだんだんと傷ついてしまうことがわかります。

嫉妬と自己評価との関係

いっぽうで嫉妬はというと、羨望よりもさらに<問題のある自己評価>に結びついている、と指摘されています。

自己評価に問題のある人は、自分に自信がないため、絶えず誰かに大切なものが奪われるのではないか、と心配しています。
しかもこの心配には現実の裏づけはなく、思い込みの可能性が高いです。

そこで、自己評価に問題のある人は、自分の大切な人に誰かが近づかないよう、その大切な人を見張ったり、行動を制限したりもします。

しかしそんなことをしても、自己評価は上がることはなく、大切な人自身も不審を感じるようになるでしょう。

相手が不審を抱き、関係は悪くなれば、自己評価はますます下がって、より嫉妬深くなってしまうのですね。
こうして<嫉妬>と<悪い自己評価>との悪循環に陥っていくのです。

 

これまで見てきましたように、羨望も嫉妬も、悪い自己評価と非常に結びつきやすいことがわかります。

その羨望や嫉妬と上手に付き合い、自己評価を下げないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
次回はその、羨望や嫉妬と上手に付き合うための実践法をご紹介します。

まとめ

  • 比較や競争によってわきあがる感情が<羨望>と<嫉妬>です。羨望と嫉妬の違いについて、
    • 羨望は、<自分がほしいと思っているのに持っていないもの>を誰かが持っていると知ったときに抱く感情であり、比較と結びついている
    • 嫉妬は、<自分が持っているもの>を人に奪われるのではないかと恐れたときに抱く感情であり、競争と結びついている
      という特徴があります
  • 羨望の気持ちは、「相手が持っているいいものを、自分は手に入れる能力がない」と感じるときに生じるのであり、自己評価が傷つきます。そこからさらに人と比較をすることで、またもや羨望を抱き、自己評価を下げる…、という悪循環に入っていくのです
  • 嫉妬は<問題のある自己評価>と結びついています。問題のある自己評価の人は自分に自信が持てず、自分の大切なものが誰かに奪われるのではないかと心配し、その大切な人の行動を制限します。結果として 関係が悪化して自己評価を下げる、という負の連鎖を招くのです

続きの記事はこちら

<羨望><嫉妬>の感情と上手に付き合うための4つの実践法-生きづらさを解消する 自己評価メソッド41
勉強会主催の みなみ です。 『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうすればいいのか、そのための自己評価の高め方について...

スポンサーリンク

コンテンツブッダと自己評価の心理学
この記事を書いた人
南 雄一郎

2011年 金沢大学工学部 卒業

大学では機械工学を専攻するなか、悩み解消のヒントや生きる指針を教える仏教に強い関心を持ち、仏教講演会に多数参加しました。

また大学卒業後は仏教と親和性のある心理学にも興味を持ち、独学で学びました。

現在は東京都内でライターをしながら、対人関係の悩みを解消し、自立した生き方の実現を目的とした 仏教×心理学のワークショップを開催しています。

自主開催のワークショップは累計500回以上。

2018年 新潟県キャリアセンター様主催 キャリアコンサルタント フォローアップセミナーにて講師をつとめました。

NPC法人HMC協会 認定心理カウンセラー(セルフ資格) 。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。
★オンラインでのご受講もできます★

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
心理学&仏教ワークショップ 東京