他人から認めてもらえない…アドラー心理学にみる、承認欲求の不満の解消法

『嫌われる勇気』がベストセラーとなり、それがきっかけで「承認欲求」という言葉を耳にすることも多くなったのではないでしょうか?

承認欲求とは、他人から「ほめられたい、よく思われたい」という欲求のことですね。

承認欲求が満たされないと、自分はここにいてもいいんだろうか?と不安になってしまいます。
ビクビクしたり、あるいは承認されないことにイライラしたりもするでしょう。

反対に承認欲求が満たされると、安心でき、ここにいても大丈夫だ、という気持ちになりますね。

しかし私達は常に他人から承認されるわけではありませんよね。
他者から認めらなくて苦しくなるときも、どうしてもあるでしょう。

そんなときは、どう乗り越えればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

承認を求める人は“ぜんまい仕掛けの人形”と同じ?

アドラー心理学では、人間の抱えるもっとも根源的な欲求は「所属感」といわれます。

所属感とは、共同体中で「私はここにいてもいいんだ」と思えること、です。

誰しも自分の住んでいる世界の中で、安心したい、と思いますよね。

ではどうすれば共同体での安心を得られるのか?所属感が得られるのでしょうか?

それには周りから承認されなければ、と思いますよね。
他者からほめられ、承認されれば、自分には価値があると感じて、安心できるようになるでしょう。

しかしでは他者から承認されれば、ずっと安心なのでしょうか?

それについて『幸せになる勇気』にはこう書かれています。

承認には、終わりがないのです

他者からほめられ、承認されること。

これによって、つかの間の「価値」を実感することはあるでしょう。

しかし、そこで得られる喜びなど、しょせん外部から与えられたものにすぎません

他者にねじを巻いてもらわなければ動けない、ぜんまい仕掛けの人形と変わらないのです。

(『幸せになる勇気』岸見一郎著 より引用)

他者からほめられ、承認されれば嬉しくなりますが、それはつかの間のことです。

他者からの承認がないまま時間が経てば、不満が出てきたり、不安になったりします。

だから承認には終わりがなく、常にほめられ、承認される必要があるのですね。

しかしそれでは他者からねじを巻いてもらわないと動かない、「ぜんまい仕掛けの人形」と同じだ、と指摘されているのです。

強烈な表現ですが、自らを奮い立たせて動こうとせず、他者からの承認を待っているならば、そう言われても反論できません。

そのように外部から喜びを与えられる状態では、精神状態は常に不安定になってしまいます。

安心した生きるにはどうすればいいのでしょうか?

自らの意思で、自らを承認する

『幸せになる勇気』には、私達が目指すべき生き方がこのように書かれています。

他者からの承認を求めるのではなく、自らの意思で、自らを承認するしかないでしょう

(中略)

「わたし」の価値を、他者に決めてもらうこと。それは依存です。一方、「わたし」の価値を、自らが決定すること。これを「自立」と呼びます。

(『幸せになる勇気』岸見一郎著 より引用)

わたしの価値を他者が決める、他者から承認を得て喜んだり安心したりするのは依存した生き方であり、安定した生き方にはなり得ません。

反対に、わたしの価値を自らが決定するのが自立した生き方なのであり、アドラー心理学で目指すべき生き方とされています。

自らがわたしの価値を決定できれば、他者からの承認、他者からの評価は問題にならなくなります。

とは言え、承認欲求から離れ切れないのが人間なので、まったく他者からの承認は気にならなくなるわけではありませんが、自立ということを意識すれば、他者のことはずっと気にならなくなるでしょう

「自立=他者を無視する、自分勝手に振る舞う」は大きな間違い

「他者のことなどどうでもいいってこと?自分勝手に振る舞っていいってこと?」と思う方もいますが、もちろんそうではありませんね。

自立する上で、「自分は他者の役に立てている」という他者貢献感を持つことを欠かしてはなりません。
他者貢献感を持ってこそ、自ら、わたしの価値を決定することができます。

他者貢献感が持ち自らの価値を自分で決定すれば、他人の評価を気にする必要はなくなる、ということですね

実際に自分のやっていることが他者の貢献になっているかどうかを気にする必要もあります。
他者貢献のつもりでやっていることが自己満足になっていたら、ニセの他者貢献感になってしまいますから。

本人に直接聞いてみたり、直接が難しければ第三者から話を聞いたり、客観的に貢献度がわかる指標を設けたりして、実際の貢献度を知り、本当の他者貢献感を持っていきたいですね。

関連記事はこちら

引用した書籍

スポンサーリンク

この記事を書いた人

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

PAGE TOP ↑