7/27(土)レポート 思い込みが実現し、悪循環に陥るメカニズム-アドラー心理学に学ぶ“認知のゆがみ”の改善法3

勉強会主催の みなみ です。

週末の勉強会は、台風が接近しているという情報があったため、開催自体が難しいかもと懸念していましたが、勉強会の前後は大きな荒れはなく開催することができました。

今回のワークショップには、初めての方8名を含む11名の方にご参加いただきました!

今回は初めての方に多く来ていただき、嬉しい反面、いつも以上に緊張しましたが、ディスカッションも盛り上がり、満足していただいた方が多かったように感じます。

悩みの解消に、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

私自身も、みなさんのご意見、ご経験をお聞きしての気づきも多く、充実した時間となり、感謝の思いです。

スポンサーリンク

認知論とは?-人間は客観的な世界ではなく、主観的な世界に住んでいる

今回のテーマは、
ブッダとアドラー心理学に学ぶ「悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法」
についてでした。

アドラー心理学に限って教えられていることではありませんが、それを理解するうえで「認知論」を知ることが欠かせません。

認知論とは、物事の見方、受け止め方は人それぞれ、ということですね。

ベストセラー『嫌われる勇気』にはそれについて、

人は、客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味づけをほどこした主観的な世界に住んでいる

と書かれています。

「自分の見方こそ間違いない、正しい」と私たちは思ってしまいがちですが、それはあくまで主観であり、独自の意味づけをしている、客観的な見方をしている人はいない、ということですね。

そのように独自な意味づけをするとき、それがポジティブな感情を生み出したり、前向きな行動を生み出すものであれば、問題はありません。

しかし誤った認知、考え方をしていれば、それによってネガティブな感情や非建設的な行為へとつながり、悩みや苦しみを生み出してしまいます。

その誤った認知をさせるのが「統覚バイアス」であること、その統覚バイアスは具体的にはどのようなものかについて、前回、詳しくお話ししました。

前回の記事はこちら

3/16(土)レポート 認知を誤る原因「統覚バイアス」とは?-アドラー心理学に学ぶ“認知のゆがみ”の改善法2
勉強会主催の みなみ です。 今回のワークショップには、初めての方3名を含む6名の方にご参加いただきました^^ 気温の上がり下がりが大きく、残念なが...

統覚バイアスは、「自分の考えに一致するように外界の出来事に意味づけをする」ものであり、自分の考えと矛盾するデータはそもそも受け入れなくさせるものです。

自分の考えに反する事実が現れても、ゆがんだ形で受け取ったり、無視したりしてしまう。こうすることで、思い込みが強化されてしまうのですね。

さらに、「環境の相互作用」によって思い込みはますます安定してしまう、といわれます。統覚バイアスと環境との相互作用とはどのようなことか、具体例を挙げてご紹介します。

環境の相互作用とは?-思い込みが実現するメカニズム

「環境との相互作用によって思い込みは安定してしまう」とは、どういうことでしょうか?

たとえば、「すべての人は私のことが嫌いだ」という思いを抱いていた男性がいたとします。

ところがその男性に、ある女性が「あなたのことが好きです」と告白してきたとします。

当然、男性は驚きますよね。その後に、男性はこの状況をどう考えると思いますか?

「すべての人は私のことが嫌いだ」という思い込みが強ければ、女性が自分を好きだと言ってくるなんてこと、考えられません。

そこで、自分の思い込みに合うような解釈をするわけです。

「この女性は、自分のことが本当に好きだから告白しているのではない。そんなことは決してありえない。ということはこの女性には下心がある。きっと結婚詐欺かなにかの悪いことだ」というように。

そんな自分の思いを、女性に言えばどうなるでしょうか?

男性に本心を伝えた女性は怒って、その男性のもとを去ってしまうでしょう。残念なことに、本当に嫌われてしまうのですね。

しかしそれに男性は落ち込むどころか、「ああ、だまされなくてよかった」と安堵するのです。

このように思いこみが実現し、性格はますます安定してしまうのです。

傍から見れば、この男性は、せっかくの機会を失い、しかもそれに安堵するなんて、なんと愚かなのだろうと感じる方もいるでしょう。

しかし私たちも自覚なく思い込みを抱いて、それが実現するような行動をとり、思い込みを強めて、またそれが実現する行動をとる…、という悪循環に陥ってしまうことがおおいに有り得るのですね。

アドラーは、

環境が人間を形つくるが、一方、人間が環境を形づくる

と語っています。

私たちは生まれ育った環境の影響もあって意味づけの仕方や考え方を安定させていきます(環境が人間を形づくる)。

その意味づけや考え方のとおりの行動によって、実際にそれが実現し、ますますその意味づけや考え方は正しいのだと思い込んでいく(人間が環境を形づくる)ということですね。

誤った意味づけや考え方をしていれば、それを実現させる行動をとって、私たちを本当に不幸にしてしまうのです。

 

では、私たちを不幸にする思い込み、誤った認知にはどのような特徴があるのでしょうか。

次回は、「誤った信念の5つの特徴」をお話ししていきます。

スポンサーリンク

コンテンツブッダとアドラー心理学レポート
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

この記事を書いた人
南 雄一郎

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップ 東京