12/1(日)レポート 誤った信念の5つの特徴とは?(単純化と一般化、レッテル貼り)|アドラー心理学に学ぶ“認知のゆがみ”の改善法4

勉強会主催の みなみ です。

今年も1ヶ月を切りましたね。

今回のワークショップには初めての方4名を含む、7名の方にご参加いただきました。

心理学だけでなく仏教についても関心が高い方も来られ、終了後も仏教についての質問にお答えするなど、お話しが盛り上がりました。

みなさんの仏教への関心が高かったことが嬉しかったとともに、私自身も気づきを得ることができ、従事した時間を過ごすことができました。

今回のワークショップを縁に、仏教に対してのより理解なされ、さらにご関心が高まられることを願っています。

スポンサーリンク

悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”とは?

今回のテーマは、
ブッダとアドラー心理学に学ぶ「悪循環を引き起こす“認知のゆがみ”の改善法」
についてでした。

心理学では、気分を良くしたり、行動の改善をしたりしていくための始まりとして、「認知のゆがみ」を矯正することが勧められています。

認知のゆがみは「バイアス」ともいわれます。物事を偏って見ることです。

物事をありのままに受け止められず、偏った見方をすると、それが誤った思考となり、気分が落ち込んたりイライラしたりしています。
そこから不適切な行動へとつながり、相手との関係が悪くなり、相手に対していっそうネガティブな見方をしてしまう…、と悪循環に陥ってしまいかねません。

前々回は、人間には「統覚バイアス」という、自分の思い込みに合うように見方を曲解してしまうこと、
前回は、思い込みの通りに行動することで思い込みが実現し、ますます思い込みが強くなるという「環境との相互作用」についてお話ししました。

前々回「統覚バイアス」についてはこちら

3/16(土)レポート 認知を誤る原因「統覚バイアス」とは?-アドラー心理学に学ぶ“認知のゆがみ”の改善法2
勉強会主催の みなみ です。 今回のワークショップには、初めての方3名を含む6名の方にご参加いただきました^^ 気温の上がり下がりが大きく、残念なが...

前回「環境との相互作用」についてはこちら

3/16(土)レポート 認知を誤る原因「統覚バイアス」とは?-アドラー心理学に学ぶ“認知のゆがみ”の改善法2
勉強会主催の みなみ です。 今回のワークショップには、初めての方3名を含む6名の方にご参加いただきました^^ 気温の上がり下がりが大きく、残念なが...

今回は、誤った認知には具体的にどのような特徴があるのか、「誤った認知の5つの特徴」についてお話しします。

誤った信念の5つの特徴(単純化と一般化、レッテル貼り)

誤った認知には、どのような特徴があるのでしょうか?

アドラー心理学では、以下の5つの特徴があると教えられています。

  1. 単純化
  2. 一般化
  3. 誇張
  4. 関係づけ
  5. 見落とし

今回は1番目の「単純化」、2番目の「一般化」についてお話ししていきます。

①単純化

単純化は、二分論理(全か無か)などを使って、問題の性質を過度に単純に割り切ってしまうことをいいます。

100か0か、完璧な成功か失敗か、上か下か、優れているか劣っているかなど、中立的なものの見方ができずに、片方に振り切ってしまう考え方ですね。

「オール・オア・ナッシング」ともいわれ、すべてがOKでないとOKだと見なさない、常に100%を求める「完璧主義」ともいえますね。

たとえば、対人関係において

あの人は私を好きではない。好きではないということは、嫌いだということだ

と捉えるのは、単純化ですね。

好きではなかったとしても、嫌われているとは限りません。仮に嫌われているほうだとしても、まだまだ修復可能な状態かもしれませんね。

それを「嫌われている」と単純に割り切ってしまえば、その人との接し方も悪くなったり、その人との接触を避けたりしてしまうでしょう。
そうなれば本当に相手から嫌われてしまいかねないのですね。

あるいは、行動した結果を

まずまずの成功はない。完璧な成功か、さもなければ失敗だ

と考えていれば、完璧な成功以外は失敗と見なします。完璧な成功はめったにないので、たいていのことは失敗だったと割り切ってしまうのですね。

そうなれば自信を失い、行動自体を避けるようになり、ますます自信を失ってしまうでしょう。

このように、物事を極度に割り切って考えると、悪循環にハマりかねないのです。

②一般化

一般化とは、部分的な問題を全体的な問題だと思い込むことです。

対人関係でいえば、「あの人が私を嫌いなように、すべての人が私を嫌いだ」と考えることですね。

仮に一人に人から嫌われたとしても、すべての人から嫌われることはまずないでしょう。自分のことを好きでいてくれる人、支えてくれる人も必ずいます。

それなのに、一人から嫌われたからといって「すべての人が私を嫌いだ」と考えるのは思い込みであり、誤った信念なのです。
そのような信念を持てば、自己評価はガタ落ちになり、対人関係を極端に避けてしまいかねません。日常生活にも支障が出てくるでしょう。

一部の問題を広げて、全体のことだと思い込み、気持ちを後ろ向きにさせるのが一般化なのですね。

特に有害な一般化とは?

特に有害な一般化が「レッテル貼り」といわれています。

仮に、自分に

「私は怠け者だ」
「ぼくは臆病だ」
「私は社会不適合者だ」

のようなレッテルを貼ってしまうと、たとえ望ましい行動をしたとしても、「やっぱり私はダメな人間だ」と思ってしまうのです。

レッテル貼りは自己評価を傷つけ、引き下げる行為なので、特に注意をしましょう。

「私は確かに怠けてしまったり、怖くて行動に移せなかったりすることもある。だからいって、いつも怠けているわけでも、何もしないわけでもない」

と自分の考えに反論し、レッテルに囚われないことを意識してください。

これは相手にレッテルを貼る場合も有害です。レッテルを貼れば、相手の見方が偏り、せっかくの相手のよい行動も見逃してしまいかねません。

 

今回は単純化、そして一般化についてお話ししました。

次回は、あとの3つの特徴をお話ししていきます。

スポンサーリンク

コンテンツブッダとアドラー心理学レポート
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
この記事を書いた人
南 雄一郎

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップ 東京