自己評価がよくなるメカニズムとは?“自己主張”が自己評価を高めていく仕組みを解説-生きづらさを解消する 自己評価メソッド20

勉強会主催の みなみ です。

『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうす ればいいのか、そのための自己評価の高め方について、続けてご紹介しています。

今回はその20回目です。

自己評価メソッド―自分とうまくつきあうための心理学

スポンサーリンク

自己主張は、自己評価のバロメーター

『自己評価メソッド』は、フランスで人気の精神科医 クリストフ・アンドレ氏によっ て書かれました。

こちらの記事では、『自己評価メソッド』で紹介されている、自己評価をよくする方 法を以下の4つのパートに分けてお話ししています。

  1. 自分を受け入れる
  2. 自分との関係を改善する
  3. 他人との関係を改善する
  4. 行動の仕方を改善する

前回は、「自分との関係を改善する」の中の、<自己主張>についてお話ししました。

 <自己主張>と<自己評価>には密接な関係があり、<よい自己評価>を持っている人はそれだけ適切に自己主張ができます。
自己主張は、自己評価のバロメーターの1つなのです。

また、自己主張は自己評価をよくする道具の1つでもあり、自己主張ができるようになることで、自己評価もよくなっていきます。

そもそも自己主張とは「自分の考えや感情、要求を自由に表現する」ことですが、それは難しい場合が多いです。

特に自己評価の低い人は、相手から受け入れられないことを恐れるゆえ、自分の考えを表明することを避け、相手の要求を受け入れがちです。
自己主張そのものをしないことで、自己評価が現状よりも下がらないようにしているのです。

また、高くてもろい自己評価の人は、相手に要求することも、要求を断ることもできるものの、「断られること」に不安があるゆえ、攻撃的な態度になりがちで、きちんとした自己主張(自分の要求ばかり伝えるのではなく、相手のことも考える)はできません。

このように自己評価に問題があれば、その悪影響は自己主張にも及ぶのですね。

きちんとした自己主張ができないと、自己評価をよくする機会を逸してしまいます。

しかし少しずつでも自己主張ができるようになれば、達成感が得られて自信が回復し、自己評価も着実によくなっていく、ということを前回ご紹介しました。

前回の記事はこちら

あなたは自分の考えや気持ちを伝えていますか?自己評価を高めるポイントは“自己主張”にあり-生きづらさを解消する 自己評価メソッド19
勉強会主催の みなみ です。 『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうす ればいいのか、そのための自己評価の高め...

今回は、自己主張ができるようになると自己評価がよくなるメカニズム、そして自己主張をするための実践法をお話ししていきます。

自己主張ができると、自己評価はよくなる

クリストフ・アンドレ氏は、自己主張は自己評価をよくする道具の1つ、といわれています。

なぜ自己主張ができるようになることで、自己評価はよくなるのでしょうか。

それは、自己主張が、<自分に対する見方>の問題と関わっているから、と指摘されています。

<自分に対する見方>が厳しい人、すなわち低い自己評価の人は、「私には価値がないから、こんなことを言ったら嫌われてしまうだろう」と思い込んで、自己主張することができません。

しかし、自己主張の訓練を通して、思い切って自己主張をしてみる(たとえば、相手の意見とは異なる自分の意見を述べてみる)と、「相手から嫌われるどころか、素晴らしい意見だと評価される」こともあるでしょう。

そうすると、「相手から嫌われるというのは、思い込みだった」と気づくことができます。また、自分の意見を言うことができたこと自体から、達成感が得られて、自信につながります。

そうなれば、<自分に対する見方>が「自分の意見が素晴らしいと言ってもらえた。私は価値がないわけではなく、自己主張しても嫌われるとは限らない」のように変わりますね。

そうして<自分に対する見方>が変われば、次の機会にはより自己主張がしやすくなるでしょう。

そしてその自己主張によって より自信を持つことができ、<自分に対する見方>もさらにいいものに変わり…、となります。

このように、自己主張ができれば<自分に対する見方>もよくなっていくので、自己評価もまたよくなっていく。これが自己主張が自己評価をよくする道具といわれる理由なのですね。

自己主張ができるようになるための3つの実践法

では、自己主張と<自分に対する見方>との相関関係を踏まえたうえで、自己主張ができるようになるには、どうすればいいのでしょうか。

そのための実践法が3つ、紹介されています。

  1. 自分の感情や欲求に目を向ける
  2. 自分を大切にする
  3. 自己主張と対人関係は両立できると知る

今回は1つ目の「自分の感情や欲求に目を向ける」について詳しくお話しします。

実践法① 自分の感情や欲求に目を向ける

自己主張するための1歩目は、

「自分がどんな感情を持ち、どんな欲求を持っているか。自分の心に耳を傾ける」

ことです。

そもそも自分の感情や欲求をきちんと認めなければ、その思いを正確に伝えることはできませんね。

自己評価が低いと、「こんな欲求を口に出したら、まわりから嫌われてしまうに違いない」と思い、自分の感情や欲求を抑えつけてしまうことがあります

しかし欲求を抑え続けていると、「自己主張をする」必要性を感じなってしまうこともある、といわれています。

「いやと言いたい」気持ちや「意見を言いたい」気持ち、「それはちがうと反対したい」気持ち。

これらの気持ちを抑えつけてしまうのです。

欲求を抑えつければ、他者とのトラブル自体は少なくなるかもしれません。しかし欲求を抑えつけるのは、同時に<感情>も否定していることになる、といわれています。

怒りや悲しみ、羨望、落胆といった感情をも「自分はそんなことは感じていない」と抑えてしまうことになります。

しかし頭では感情など抱いていないとは思えても、実際には感情はなくなっておらず、

  • 身体の一部を緊張させる
  • 不快な感覚をもたらす

など、感情は小さな合図を送っている、と指摘されています。

これらの合図を無視し続ければ、自己評価は上がることなく、精神的な負担も大きくなっていきかねません。

そこで、「いったん立ちどまって、心の言葉に耳を傾けよう」と勧められています。

自分はどんな欲求を持っているのか、
どんな感情を抱いているのか、

嘘をついたり、ごまかしたりするのではなく、まず素直に自分の気持ち・思いを聞き、認めるところから始める。それが自己主張するためにまず大切なのです。

 

次回は、自己主張するための実践法の2つ目、3つ目をお話ししていきます。

まとめ

  • 自己主張は<自分に対する見方>の問題と関わっています。思い切って自己主張し、それが認められれば、「自己主張しても嫌われるとは限られない。私は決してダメな存在ではない」と自分に対する見方が変わり、自信が持てて、自己評価はよくなっていきます
  • 自己主張ができるようになる実践法の1つ目が、「自分の感情や欲求に目を向ける」ことです。自分の欲求や感情を抑えつけていては、きちんと自己主張する(自分の欲求や感情を伝える)ことはできません。自らに嘘をつかず、心の言葉に耳を傾けることで、自己主張する一歩が踏み出せます

続きの記事はこちら

自分を大切して、自己主張ができるようになる3つの実践法-生きづらさを解消する 自己評価メソッド21
勉強会主催の みなみ です。 『自己評価メソッド』を通して、不安や恐れなどの生きづらさを解消するにはどうす ればいいのか、そのための自己評価の高め...

スポンサーリンク

コンテンツブッダと自己評価の心理学
この記事を書いた人
南 雄一郎

2011年 金沢大学工学部 卒業

大学では機械工学を専攻するなか、悩み解消のヒントや生きる指針を教える仏教に強い関心を持ち、仏教講演会に多数参加しました。

また大学卒業後は仏教と親和性のある心理学にも興味を持ち、独学で学びました。

現在は東京都内でライターをしながら、対人関係の悩みを解消し、自立した生き方の実現を目的とした 仏教×心理学のワークショップを開催しています。

自主開催のワークショップは累計500回以上。

2018年 新潟県キャリアセンター様主催 キャリアコンサルタント フォローアップセミナーにて講師をつとめました。

NPC法人HMC協会 認定心理カウンセラー(セルフ資格) 。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。
★オンラインでのご受講もできます★

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
心理学&仏教ワークショップ 東京