仏教から知る、「他人の評価が気になる…」不安への対処法-三毒追放9

仏教では「人生は苦なり」と説かれています。

生きていれば、もちろん楽しいと思えること、喜びもありますが、人生の荒波もまた次々とやってきます。

長く生きるほど、これまで経験したことのない苦しみも多くなっていきます。

喜びがあふれ、充実感が得られることもあるものの、それらの喜び・充実感も長くは続かず、むなしさ・空虚感が大きくなってしまいます。

このように「人生は苦なり」を実感されている方も多いでしょう。

なぜ人生が苦しみに染まってしまうのでしょうか。それには原因がある、と教えられています。

仏教で説かれるその原因は「無明(=煩悩)」です。

私たちを苦しませ、悩ませるのが煩悩ですね。中でも特に恐ろしいのが「三毒」といわれる怒り愚痴(嫉妬心や恨みの心)の3つの心です。

残念ですが、その三毒を無くし切ることはできません。

しかし無くせないなら無くせないで、それを認めたうえで三毒との適切な向き合い方を知ることは、より快適に幸せに生きるために大切です。

前回まで、

「因果応報」
「因縁生起」

という仏教の教えを通して、欲と愚痴の向き合い方についてご紹介しました。

「因果応報」の正しい意味から知る“嫉妬心”への対処法-三毒追放7
仏教で説かれる「煩悩」、その煩悩のなかでも特に恐ろしい心といわれる「三毒」について続けて紹介しています。 三毒とは、 貪欲(限りのない欲の心) ...
仏教で説かれる「因縁」の本当の意味は?「因縁」から知る“欲”への対処法-三毒追放8
仏教で説かれる「三毒」について続けてお話ししています。 三毒とは、108あるといわれる煩悩の中でも、特に私たち人間を苦しめる3つの煩悩のことです。 ...

今回は、「信念」という観点から、三毒との向き合い方、対処法をお話しします。

スポンサーリンク

三毒への対処法③ 信念を持つ

他人の目が気になる… 名誉欲で苦しむ人間

欲や怒り、愚痴の心によって無駄に時間を使ってしまい、本当に使うべき大事なことに時間を使えなくなってしまっては、後悔ばかりが残ってしまいます。

特に時間の浪費につながりやすいのが、他人からよく見られるためにしていることです。その行為の根底には「名誉欲」があります。

欲の心のなかでも、欲に強い欲はその名誉欲といわれます。「人からほめられない、悪く言われたくない」という心です。心理学では承認欲、承認欲求ともいわれます。

この、人から嫌われたくないという名誉欲によって必要以上に人の目を気にしてしまい、相手に気を遣いすぎたり、相手の依頼を断れなかったりして、私たちは気に病むことが多くなります。

もちろん、人に迷惑をかけず自分勝手な行動をしないよう、ある程度は人からの評価は気にすべきです。
しかし度を越して他人の目を気にして自己を抑えるあまり、精神的に苦しくなっている方もおられるでしょう。

そんな名誉欲に振り回されずに生きていくには、どうすればいいのでしょうか。

名誉欲への対処法-大きな信念に身を委ねること

名誉欲に振り回されないために重要なのが、「“信念”を持つ」ことです。

「信念」について、『道を開ける』(デール・カーネギー著)という本にはこう書かれています。

自分よりも遥かに大きな信念に身を委ねることだ

そうすれば、どんな敵と出会おうが、どんな攻撃を受けようが、まったく関係なくなってしまう。信念以外のことは、どうでもよくなってしまうからだ。

大きな信念に身を委ねることによって、信念以外のことはどうでも良くなり、人からどう言われようが関係なくなります。
必要以上に他人の目を気にする状態から脱却し、不安を打ち消すことができるのですね。

ただ、その信念といっても、自己中心的な、他人のためにならないような信念では、誰からも支援を受けられずに自らが苦しむことになってしまいます。
他人の幸せにも貢献し、自分も幸せになれる。そんな信念を持ちたいですね

仏教には「自利利他(じりりた)」という言葉があります。

「利他」とは「他(=他人)を利する(幸せにする、喜ばせる)」、
「自利」とは「自(自分が)利す(幸せになる、喜ぶ)」ということで、これこそ仏教の目指すべき精神といわれます。

名誉欲への対処法②-みんなから褒められる人などいない、と知る

また、他人の評価という点について、お釈迦様は『法句(ほっく)経』というお経で、こうおっしゃっています。

過去にも、今にも、未来にも、皆にて謗る人もなく、皆にて褒むる人もなし

たとえ、自利利他という素晴らしい精神、信念を持っている人であっても、その人のことを良く思わない人は必ずいます。

お釈迦様のような偉人でさえ、当時のインドの人の3分の1がお釈迦様を非難していた、といわれます。

人からたとえ悪く言われたとしても、自分の存在を否定する必要はないのです。
批判されてもすべてを真に受けずに、「これは自分でも本当に悪いな」と思ったところだけを切り取って、あとのことは忘れてしまいましょう。

大きな信念に身を委ねていれば、他人の評価に寛容で、名誉欲に振り回されなくなり、自分の信念に無関係な頼み事には断りを入れ、自分のやるべきことに集中することができるのです

 

次回は、今回でも少し触れた「利他」という観点での、三毒への対処法をご紹介します。

引用した書籍

道は開ける 新装版

続きの記事はこちら

仏教で悩みを解消する!ブッダのすすめる「利他」の実践-三毒追放10
仏教では「人生は苦なり」と説かれています。人生の本質は苦しみといわれているのです。 なぜ人生が苦に染まってしまうのでしょうか。その原因は「無明(=煩悩)」...

スポンサーリンク

コンテンツ ブッダの心理学
この記事を書いた人
南 雄一郎

仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で仏教と心理学を組み合わせたワークショップを開催しています。

南 雄一郎をフォローする
心理学&仏教ワークショップのご案内

東京都内で心理学と仏教を学べるワークショップを開催しています。
はじめての方にもわかりやすいワークショップです。
いろいろな職種の方も参加されていて、交流を深めることもできます。
★オンラインでのご受講もできます★

心理学&仏教ワークショップ YouTubeチャンネル
心理学&仏教ワークショップのYouTubeチャンネルを開設ました。 動画で、心理学や仏教の内容を学べます。
心理学&仏教ワークショップ 東京